このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

自宅用、職場用の1台として扱いたい人にオススメ!

Windows11無償アップグレード対応! 第10世代Core搭載で9万円台、普段使いやテレワークに最適な17.3型ノートPC「mouse F7-i5」

2021年10月13日 11時00分更新

文● 宮里圭介 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SSDやメモリーの増設も可能! メモリー増設でグラフィック性能がアップ

 標準構成のままでも十分快適に使えるが、実は、メモリーを増やすとさらに性能をアップできる。これは、標準では8GBのメモリー1枚構成となっているため、デュアルチャネル構成となる8GB×2にすることで、そのぶんメモリー帯域が広くなるのだ。といっても、多くの用途ではメモリー帯域がそれほど必要なく、性能はそこまで変わらない。大きく変化するのはグラフィック性能だ。

 先ほどのFF XIVベンチを、同じ条件で8GB×2構成へと変更した場合で試してみよう。

8GB×1では1678だったスコアが、メモリーを8GB×2にすることで2240まで上昇。効果は絶大だ

 スコアは1678から2240まで上昇し、デュアルチャネルにした効果がかなり高いことがわかる。mouse F7-i5には、モデル違いとして「mouse F7-i5-H」があり、最初からメモリーが8GB×2構成になっている。SSDも256GBから512GBへと倍増しながら、価格差は1万1000円と小さいので、性能にこだわりたいのであれば、こちらのモデルを選ぶのもアリだろう。

 もちろん自分で増設することもできるが、作業はすべて自己責任。万が一故障しても、保証対象外となってしまう点には注意したい。なお、増設や交換作業そのものは難しくない。バッテリーを外し、底面のカバーを開くだけでアクセスできる。

底面カバーを開けたところ。メモリーは中央下部にあり、スロットが1つ空いているのがわかる

 この写真を見て気づいた人もいると思うが、実は変更できるのはメモリーだけではない。右下にはNVMe対応のM.2 SSDがあり、これの換装もできるのだ。また、左下にはSATA用の2.5インチベイも装備している。SSDや大容量HDDを増設し、データ用として利用する……といった使い方も夢ではない。

Windows 11へアップグレード可能なスペック、長く使えるメインPCに最適だ!

 多くの用途で快適に動作するスペックをしっかり確保しながら、大きく見やすい17.3型の画面なのがメリット。外へと持ち出すには向いていないものの、家のなかで使うメインPC、デスクトップ代替機としては、かなり魅力的なモデルとなっている。メーカーの保証をしっかりと受けたい人は、注文時のBTOでカスタマイズしておくことをオススメしたい。

 また、mouse F7-i5は、最新OS「Windows 11」の無償アップグレードに対応している。気になるWindows 11への対応をチェックツールで確認したところ、しっかりと要件を満たしていることが確認できた。

CPUやメモリー、ストレージ、セキュリティー機能など、すべての項目でWindows 11の要件を満たしている

 価格は9万8780円(税込)と購入しやすく、コストパフォーマンス面でも優秀だ。長く、安心して使える手頃なPCを探しているのであれば、候補に入れておきたい1台だ。

(提供:マウスコンピューター)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ