このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第151回

ついに第3世代となったファーウェイのスマートウォッチ!

テクノロジーとデザイン両方が新世代となったファーウェイ「HUAWEI WATCH 3」レビュー

2021年07月28日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音声メモや通話、もちろんスマホの通知も表示できる

 最後に、HUAWEI WATCH 3のそのほかの機能もチェックしよう。

 日常使いで便利な機能としては、録音メモがある。HUAWEI WATCH 3に話しかけて音声を録音しておけるもので、移動中などに頭に浮かんだ思いつきを記録しておくのに便利だ。

シンプルながらも役立つ場面は多そうな「録音メモ」機能

 スマホにかかってきた音声通話に応答し、HUAWEI WATCH 3で通話を続けることもできる。また、スマホに届いた着信やメッセージ、天気などの情報を通知することも可能である。

スマートウォッチではおなじみのスマホの通知を表示する機能ももちろんあり。通知するアプリを絞ることも可能

 バッテリーの持ちについては、スマートモードでは約3日間、長時間バッテリー持続モードでは約14日間となっている。HUAWEI WATCH 3は、実際の使用状況に応じて最大限に電力を節約しながら高いパフォーマンスを実現しているのだが、スマホ並みの高い処理能力と大幅にアップした機能を持つだけに消費電力は少し大きくなっているのは否めない。ただ、付属のワイヤレス充電器では10分間で20%まで充電可能なため、もしバッテリー残量が少なくなっても安心だ。

充電は専用のアダプターでUSB経由で行なう。急速充電も可能なので、朝目覚めるとバッテリー切れ、しかも家を出るまで時間が無いという状況にも対応できる

 HUAWEI WATCH 3は、ファーウェイ公式オンラインストア「HUAWEI STORE」のほか、家電量販店やECサイトなどで8月以降に発売予定。市場想定価格はスポーツモデルが5万380円、クラシックモデルが5万4780円となっている。

   

提供:ファーウェイ・ジャパン

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店