このページの本文へ

McAfee Blog

Facebook、Instagram、TikTokなどのSNSで使用するアカウントをハッキング等から守る7つのポイント

2021年07月02日 19時30分更新

文● McAfee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハッシュタグ、いいね!、フォロワー、DM、LOL….

 6月30日はソーシャルメディアデーであり、ソーシャルメディアが何年にも渡り、私たちの生活をどのように変えたかについて振り返り、祝う日です。

 メディアおよびエンターテインメント企業のMashableによって2010年に開始された祝賀会は、さまざまな形で行われてきました。交流会、コンテスト、ソーシャルサークルを1つの意味のあるつながりにするための呼びかけは、すべて過去の日付を示しています。しかし、今年は、特に世界人口の50%近くがある程度ソーシャルメディアユーザーである世界で、私たちの多くがここ数か月でソーシャルメディアにどれほど大きく依存してきたかを考える機会のように感じます。

 さらに、世界中の人々がソーシャルメディアに1日平均145分を費やしています。フィリピンのユーザーが1日3時間53分を費やし、米国のユーザーが1日2時間強を費やしているため、その数字は大きく異なる可能性がありますが、私たちの1日の大部分はソーシャルメディアでのブラウジングに時間を費やしていると言っても過言ではありません。

 それとともに、ソーシャルメディアデーはあなたのソーシャルメディアの設定と習慣を改めて確認するのに良い日でもあります。そうすることで、あなたは安心して最大限にソーシャルメディアを活用することができるでしょう。Facebook、Instagram、TikTokなどを使用する際に、安全を確保するためにできるポイントを紹介します。

ソーシャルメディアアカウントを保護するために

1.プライベートにする

 Facebook、Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームでは、プロフィールと投稿を友達だけに表示するオプションがあります。この設定を選択すると、あなたの職業や学校、発言や投稿が表示される対象を制限することが出来、プライバシーを保護するのに役立ちます。

2.見知らぬ人からの友達リクエストには対応しない

 受け取った招待状に注意してください。見知らぬ人は、見知らぬ人というだけではなく、サイバー犯罪の目的でユーザーに関する情報を収集するように設計された偽のアカウントである場合もあれば、虚偽の情報を広めるように設計されたアカウントである場合もあります。そのような事例は莫大な数、報告されています。実際、2021年の第1四半期だけでも、Facebookは13億の偽のアカウントに対して行動を起こしました。そのようなリクエストには応じないでください。

3.チェックインする前によく考える

 休暇中のあなたの投稿や、外出時に現在地を共有している投稿は、「現在、家に​​誰もいない」と知らせているようなものです。事実上、そのような投稿は、幅広いフォロワー(上記のように非公開で投稿していない場合は世界中の視聴者)にあなたの居場所を知らせます。ぜひ、冒険の写真やストーリーを共有することを検討してください。

4.インターネットは永遠に

 それは理由で有名なことわざです。プロフィールが非公開に設定されている場合でも、メッセージや投稿が「消える」アプリ(Snapchatなど)を使用している場合でも、投稿した内容を実際に保存して再度共有することは可能です。スクリーンショットを撮るのと同じくらい簡単です。永遠に、またはそれ以外の方法で公開したくないときは、投稿を控えましょう。

5.フィッシング詐欺に注意する

 私たちはフィッシングメールに関する警告を数多く目にしていますが、引き続きフィッシング攻撃はソーシャルメディアで頻繁に発生しています。同じルールを適用し、インスタントまたは直接のメッセンジャーを介して見知らぬ人から取得したリンクをたどらないでください。そして、あなたの個人情報をきちんと管理してください。メールアドレス、アドレス、その他の情報も渡さないでください。いわゆる「クイズ」の投稿やWebサイトでさえ、攻撃の基礎として使用される可能性のある個人情報の断片を盗むように設計された策略である可能性があります。

6.タグを確認する

 Facebookなどの一部のプラットフォームでは、ユーザーは自分のプロファイル名でタグ付けされた投稿を確認できます。アカウント設定を確認し、他のユーザーがタグを使用する方法と場所を最大限に制御してください。これにより、自分が他の人からどのように、言及されているかを知ることができます。

7.自分自身とデバイスを保護する

 現在は、個人情報の盗難は悲しいことにありふれた出来事であり、セキュリティソフトウェアは本当に必須です。マカフィー トータルプロテクションなどのセキュリティソフトウェアは 、ソーシャルメディア上の悪意のあるリンクを誤ってクリックした際でもユーザーを保護し、ソーシャルメディアアカウントがハッキングされないようにパスワードを強化し、オンラインプライバシーも強化します。

最新情報を入手

 日々のニュースからの情報収集は重要です。またデジタルの安全性を維持するための情報やマカフィー製品に関する最新情報、および最新の消費者向けおよびモバイルセキュリティの脅威に関する最新情報を入手するには、Twitterで@McAfee_Home(US)または@McAfee_JP_Sec(日本)をフォローし、ポッドキャストHackableをお聞きください。

※本ページの内容は2021年6月30日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。

原文:Protect Your Social Media Accounts from Hacks and Attacks
著者:McAfee

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。