このページの本文へ

E Inkディスプレー+ワコムのデジタイザー 電子ペーパー「QUADERNO」がパワーアップ

2021年06月22日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通クライアントコンピューティングは6月22日、電子ペーパー「QUADERNO(クアデルノ)」の新モデルを発表した。

オンライン発表会の様子・コンシューマー事業本部副本部長 高嶋敏久氏

 クアデルノは、本物の紙とペンのような「書きやすさ」と「読みやすさ」を実現したとうたう、軽量・薄型電子ペーパー。新モデルは、旧モデルの特徴はそのままに「書きやすく、読みやすいこと」「煩わしくないこと」「持ち歩きたくなること」の3つの観点でパワーアップした。

書きやすく、読みやすいこと

 本体には、ワコム製デジタイザー(EMR方式)を新規に搭載。ペンのレイテンシーがおよそ30%向上し、曲線・斜め線もより滑らかに書けるようになったとうたう。

 旧モデルでは、消しゴム・ハイライト機能をペンに固定していたが、新モデルでは、サイドボタンとテールスイッチに利用者の好きな機能(赤ペン・消しゴム・ハイライト・範囲選択・拡大の5機能の中から)を設定できる。

 またE Ink製のディスプレーを新搭載し、コントラストがおよそ15%アップしたことで、読みやすさが向上。液晶と違い、ディスプレーが自発光せず、目に優しく、疲れにくくなったとする。

煩わしくないこと

 デジタイザーはEMRという電磁誘導方式を採用しており、ペン自体の充電は不要。書きたいときにいつでも書けるとうたう。

 あわせて、最新ディスプレーの採用や、CPU、メモリーをパワーアップしたことなどで、反応速度が20%向上している。ストレージはおよそ2倍の22GBに増量した。

持ち歩きたくなること

 新モデルではデジタイザーを搭載したことで従来モデルよりおよそ50g重くなったが、オプションカバーを45%軽量化し、全体(ペン+カバー+本体)で393g、従来よりも100g軽くなった。カバーのカラバリは、べージュとネイビーの2色。

 またドイツの文具メーカーLAMYとのコラボデジタルペンも用意している。

 本製品の予約受付および店頭展示は6月22日から、販売開始は7月8日から。A4モデルとA5モデルを用意している。価格はオープン。

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人
  • 富士通
  • 富士通

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK TH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK CH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LOOX
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通