このページの本文へ

ファーウェイ通信 第138回

スマホだけじゃない! ノートPCやタブレット、ウェアラブル、そのラインアップを整理

スマホ・PC・オーディオ、多彩なファーウェイ製品を連携させて日常生活で活用する!

2021年01月13日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

着実に根付きつつある新しい働き方に対応!
快適なテレワークを実現するためのファーウェイ製品の組み合わせ

 ここからはファーウェイ製品を連携させて使いこなす方法を見ていこう。まず最初は、着実に社会に根付きつつあるテレワークを快適にする製品の組み合わせだ。

テレワークに求められるのはノートPCだけでなく、高音質の完全ワイヤレスイヤフォンもそう。また、どうしても運動不足になってしまう状態で心強いのがファーウェイのウェアラブル端末だ

 現在、スマホやタブレットでこなせる業務が増えているとはいえ、やはり本格的なビジネス作業では、PCがどうしても必要となる。そこでオススメなのが、高い処理性能や14型ディスプレー、持ち運びしやすい薄型ボディーなどを特長として備えるHUAWEI MateBook 14だ。

 HUAWEI MateBook 14の特長のひとつが、2160×1440ドットと高解像度なディスプレー。広々としたデスクトップであるだけでなく、3:2の画面比率となっていることで、2つのウィンドウを横に並べながらの作業しやすいのがポイントだ。8コア16スレッド動作のCPU「AMD Ryzen 7 4800H」による処理性能の高さも魅力でOfficeアプリの編集や作成などに留まらず、動画や写真の編集なども比較的楽にこなせるパフォーマンスを持っている。

 テレワークでは、オンライン会議の機会が多くなる。HUAWEI MateBook 14はF6キーとF7キーの間に、ポップアップ式のウェブカメラを搭載。オンライン会議で使用した後には、閉じておけば物理的に何も映らなくなるのでプライバシー漏洩の不安がなくなる。

使わない場合は収納しておけるので安心だ

 オンライン会議を快適にする機器として、完全ワイヤレスイヤフォンも重視したい。HUAWEI FreeBuds Proはトリプルマイクと骨伝導センサーを搭載しており、ユーザーの声をしっかりと聞き取り、クリアな音声を相手に伝えてくれる。また、デュアルデバイス同時接続への対応も今回紹介したかった重要ポイント。スマホで音楽を聞きながら作業しているところから、PCでオンライン会議に参加するのにも余計な手間が省ける。

カーボンブラックの本体が印象的なハイエンドモデル「HUAWEI FreeBuds Pro」

音楽を楽しむだけでなく、トリプルマイクと骨伝導センサーで通話やビデオ会議にも適している

 テレワークではどうしても運動不足気味になるのが悩みという人には、HUAWEI WATCH FITをオススメしたい。トレーニング時の姿勢や手足の動かし方などのデモ動画を画面に表示してくれる「フィットネスコース」が搭載されており、仕事中の気分転換や運動不足解消に役立つ。また、1時間以上座り続けていると通知が届いて注意を促してくれる「活動促進通知」も、テレワークではありがたい部分だろう。

バンド型の軽快さとお手頃さを持ちつつ、大画面ディスプレーで情報の見やすさも魅力の「HUAWEI WATCH FIT」

トレーニング時の体の動きを動画で見られる

 なお、テレワークのための快適なネット環境整備には、高速な無線LANルーターの導入が必須。HUAWEI WiFi AX3は、最新規格「Wi-Fi 6」に対応し、5GHz帯で最大2402Mbps、2.4GHz帯で最大574Mbpsという通信速度を実現している(通信速度のデータは理論値)。高性能でありながら、税抜6980円という購入しやすい価格であり、古めの無線LANルーターを長く使っているのであればこのタイミングで更新を考えるのもありだろう。

移動中などの短い時間でも仕事をこなす!
モバイルワークに使えるファーウェイ製品

 続いては、移動中や外出先で仕事をこなすモバイルワークを快適にする製品の組み合わせを見ていこう。

テレワークが中心の昨今でも、出先で作業が必要な場面はまだまだあるはず

 まず移動中のメールチェックや資料確認だが、これはやはりスマホが便利。HUAWEI P40 Pro 5Gは、約6.58型という大型のOLEDディスプレー(解像度は2640×1200ドット)を搭載し、情報量を多く表示できるのが強み。しかも、横幅は約72.6mmと抑えられているので、片手での操作も問題ない。ハイスペックによる快適な操作感も魅力だ。

カメラを始めとする性能面だけでなく、大画面とサイズのバランスにも優れた「HUAWEI P40 Pro 5G」は仕事でもプライベートでも大いに味方になってくれる

 出先でもう少し本格的な作業をする必要があれば、HUAWEI MateBook Xを持ち歩きたい。魅力はなんといっても、約1.0kgと軽く、約13.6mmと薄型のボディー。ビジネスバッグにスッキリと収まり、持ち運びにまったく苦労しない。それでいて、解像度3000×2000ドット(278ppi)という13型ディスプレーを備えており、ビジネス作業もバッチリこなせる。

約1.0kgのモバイルPC「HUAWEI MateBook X」。軽量にも関わらず、3K解像度の13型ディスプレーなど性能も高い

厚みは約13.6mm。ビジネスバッグにもスッと入る薄型筐体がうれしい

 スマホと連携して用いる「マルチスクリーンコラボレーション」もぜひ試してほしい機能。ファーウェイ製スマホ(NFCに対応し、EMUI 10.1以上のモデル)とHUAWEI MateBook Xをワイヤレスで接続し、スマホ画面を仮想的に表示させることが可能なもので、PCとスマホ間でドラッグ&ドロップでのファイルのやりとりなどが可能。接続ケーブルが必要なく、荷物を減らせるのもメリットだ。

マルチスクリーンコラボレーションではスマホの画面をMateBook側に表示できるだけでなく、タッチ操作やテキストも可能

 なお、出張などの際に荷物をなるべく減らしたければ、タブレットのみを持って行くという方法もある。HUAWEI MatePad Proは、約10.8型ディスプレーや7250mAhバッテリーを搭載しており、ビジネス文書の編集や調べ物なども快適だ。また、別売りのキーボードカバー「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard」を組み合わせれば、ノートPCと遜色ない使い心地が得られる。

出先での作業がそれほど複雑なものでないなら、タブレットという選択肢もありだ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店