このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

TSUKUMOの即納モデルでゲーム正月を送ろう!

年末年始にもまだ間に合う!この冬PCゲーム始めたい人にオススメの価格別デスクトップPC6選!

2020年12月25日 22時45分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京・秋葉原を本拠に、全国主要都市で展開しているPCショップTSUKUMO。そんな同社が展開しているPCブランドeX.computerでは、ビジネスや日常使いに適したスタンダードなPCはもちろん、PCゲームを遊べるゲーミングPCも多数ラインアップしている。

 本稿では、そんなTSUKUMOのゲーミングPCシリーズ「G-GEAR」から、価格別のオススメデスクトップPC6モデルをご紹介する。コロナ禍の影響もあり、外出を控える人も多い今年の年末年始。なかにはこの機にPCゲームを始めてみたいという人もいるだろう。

 TSUKUMOネットショップでは、最短で購入から当日発送に対応する即納モデルが用意されており、今回はそんな即納モデルに絞って紹介している。いまから買っても年末年始に間に合わないと思っていた人も、TSUKUMOならまだチャンスあり。ぜひ自分にあったモデルをチェックしてみてほしい。

10万円以下のエントリー向けならコレ
リーズナブルにゲームを楽しみたい人に

●G-GEAR mini GI5J-A190T/CP2
ネット販売価格:8万7978円
製品ページ:https://shop.tsukumo.co.jp/goods/0405797863010/

 値段が高くなりがちなゲーミングPCのなかで、8万円台というという圧倒的にリーズナブルな値段を実現しているのがこのモデル。安価なモデルながら、グラフィックスには「GeForce GTX 1660」を採用しており、CPUの内蔵グラフィックスのみであることが多いスタンダード用途のPCに比べてしっかりとしたゲーミング性能を持っている。

 CPUには、インテルの「Core i5-9400」を搭載。一世代前のモデルとは言え、6コア/6スレッドで十分なパワーを発揮する。フルHD環境でなるべくお得にゲームを楽しみたいという人にオススメなモデルだ。

 また、TSUKUMOネットショップではPCだけでなく周辺機器も販売しており、人気のゲーミングデバイスメーカーの製品も多数取り揃えている。PCの価格を抑えて、余った予算でディスプレーやマウス、キーボード、ヘッドセットなどゲーミング環境を整えるのも大いにアリな選択肢だ。

主なスペック
CPU Intel「Core i5-9400」
(6コア/6スレッド、2.9GHz~4.1GHz)
グラフィックス NVIDIA「GeForce GTX 1660」(GDDR5、6GB)
マザーボード ASRock「H310CM-ITX/ac」(Mini-ITX、Intel H310)
メインメモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 500GB SSD
インターフェース USB 2.0 Type-A×2、USB 3.0 Type-A×4、ギガビットLAN、HDMI、DVI-I、DisplayPort、PS/2ポート、ほか
無線LAN Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)
電源ユニット HEC製 静音電源(定格500W、80PLUS SILVER認証)
サイズ 約183(W)×390(D)×300(H)mm
OS Windows 10 Home(64ビット版)

コスパ抜群で最新ゲームも快適!
PCゲーム初心者にもオススメできる鉄板構成

●G-GEAR GA5A-D194T/CP1
ネット販売価格:13万7478円
製品ページ:https://shop.tsukumo.co.jp/goods/0405797490018/#cartin_inline-content

 ミドルクラスGPUの「GeForce RTX 2070 SUPER」をグラフィックスに搭載し、CPUには2019年の発売以来爆発的な人気を獲得した第3世代Ryzenシリーズの6コア/12スレッドモデル「Ryzen 5 3600」を搭載。それぞれ後継世代のモデルが発売しているとはいえ、まだまだ現役で使っていくのにも十分なパワーを備えている。昨今注目されているeスポーツ系のFPSタイトルなどで、ハイリフレッシュレートなゲーミングディスプレーを使って高フレームレートのプレイを楽しむことも可能だろう。

 また、ストレージに512GBのSSDのほか、2TBのHDDを搭載しているのも嬉しいポイント。昨今容量が増加しているPCゲームをインストールすると、ストレージの容量を圧迫しがちだが、写真などのデータをHDDに置くことで、高速なSSDに思う存分ゲームを入れられる。あまり頻繁に遊ばないゲームやロードに時間がかからないゲームはHDD側にインストールしてもいい。

 全体的に使いやすい構成にまとまっていながら、価格は13万円台と手の届きやすいライン。コストとスペックのバランスが非常に優れたモデルといえ、PCゲーム初心者などにもオススメできる1台だ。

主なスペック
CPU AMD「Ryzen 5 3600」
(6コア/12スレッド、3.6GHz~4.2GHz)
グラフィックス NVIDIA「GeForce RTX 2070 SUPER」(GDDR6、8GB)
マザーボード ASUS「PRIME B450-PLUS」(ATX、AMD B450)
メインメモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 512GB SSD+2TB HDD
インターフェース USB 2.0 Type-A×2、USB 3.0 Type-A×4、USB 3.0 Type-C、USB 3.1 Gen 2 Type-A×2、ギガビットLAN、HDMI、DVI-D、PS/2ポート、ほか
電源ユニット Apexgaming製 AG-750M
(定格750W、80PLUS GOLD認証)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
サイズ 約190(W)×475(D)×435(H)mm
OS Windows 10 Home(64ビット版)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ