このページの本文へ

ファーウェイが考える未来、シームレスAIライフが体験できるイベントで披露

2020年06月29日 12時00分更新

文● 中山 智 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

家の中すべてがネットワークで繋がる未来
ファーウェイがタッチ&トライイベントで披露

 6月27日、ファーウェイは同社製品を活用したシームレスAIライフが体験できるタッチ&トライイベントを二子玉川 蔦屋家電にて開催。最新モデルの「HUAWEI MateBook X Pro」や「HUAWEI P40 Pro 5G」のほか、国内未発売モデルも展示されていた。

二子玉川 蔦屋家電にてファーウェイがタッチ&トライイベントを開催

 会場内はファーウェイが提唱するスマートフォンをハブとして、タブレットやPC、スマートウェアラブルなど8つのジャンルの製品と繋がり、さらにその先にIoT機器などさまざまなデバイスと連携させる「1+8+n」戦略を実際に体験できるよう、各種製品を展示。

テーマ別にファーウェイ製品を展示し、実際に連携機能などが体験できるようになっていた

ウェアラブルジャンルのスマートウォッチも実際に触ってチェックできた

 たとえばビジネス向けのコーナーでは、スマートフォンのHUAWEI P40 Pro 5GとPCのHUAWEI MateBook X Pro、さらにペンやキーボードでの操作も可能なタブレットのHUAWEI MatePad Proを、連携機能のHuawei Shareで実際にどういった作業ができるかを体験できるようになっていた。

ハイエンドのモバイルノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」

ペンとキーボードでの操作にも対応している「HUAWEI MatePad Pro」

Wi-Fiルーターの「HUAWEI WS5200」

最新の5Gスマートフォン「HUAWEI P40 Pro 5G」も展示

Huawei Shareでスマートフォンとタブレットを連携させて、シームレスにデータなどやりとりを

 そのほかエンターテイメント向けのコーナーでは、ワイヤレススピーカーや左右独立型のイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3i」などを展示。こちらも実際に製品を触って使用できるため、購入を検討しているユーザーには、製品単体での動作や品質だけでなく、各製品を連携させたときの操作性などがチェックできた。

ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 3」

 またアイテム情報誌GetNavi(学研プラス)の協力で、各コーナーにはマンガによる解説も展示。デジタル機器に詳しくない人にも解りやすく楽しめる内容となっていた。

各コーナーでマンガによる解説を掲載

 会場には日本未投入の折りたためるフォルダブルスマートフォン「HUAWEI Mate Xs」や、大型のスマートスピーカー「HUAWEI Sound X」、HMDの「HUAWEI VR Glass」も展示。こちらはケース内での参考展示で実際に触ることはできなかったが、海外店舗やイベントでないと見られない製品を目にできる貴重な体験となっていた。

HUAWEI Mate Xs

HUAWEI VR Glass

HUAWEI Sound X

 イベントでは来場者向けに先着280名にファーウェイオリジナルのスマートフォン拭きクロスをプレゼント。さらにアンケートに回答すると抽選で同社製のUSB Type-C接続型有線イヤホンのプレゼントも行なわれていた。

来場者にはプレゼントも用意されていた

 家電量販店などでも個々の製品は商品展示で見たり触ったりできるが、各機器を連携させるのはなかなか難しいので、こういったタッチ&トライイベントが開かれるのはユーザーにとって貴重な体験だ。残念ながらイベントは6月27日当日のみだったので、今後も定期的かつ複数日に渡って開催されることを期待したい。

■関連サイト

カテゴリートップへ