このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

HUAWEI P40シリーズ ロードテスト 第4回

ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!

ミドルクラスのファーウェイSIMフリー機「HUAWEI P40 lite 5G/P40 lite E」 どっちが買い?

2020年06月23日 11時00分更新

文● 島 徹、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回は「HUAWEI P40 lite」シリーズの2機種を紹介。比較はもちろん、どんなユーザーにどちらのモデルが向いているかなども見ていく

ハイエンドのみならずミドルクラスでも強いファーウェイ
今年は2モデル投入で、どっちを購入するかに悩み発生

 ここ数年のSIMフリースマホで人気の中心となっているのは、ファーウェイ「HUAWEI P lite」シリーズといって過言ではないだろう。毎年のモデルが各種販売ランキングの上位を占めてきた。このHUAWEI P liteシリーズだが、なんと今年は性能と価格が異なる2モデルがラインナップされている。

 前回紹介した「HUAWEI P40 lite 5G」は5G対応かつハイエンド級高性能CPUとクアッドカメラを搭載しながらも、税抜3万9800円という価格を実現。お買い得かつ性能面でも満足感の高いモデルとなっている。

まずは「HUAWEI P40 lite 5G」。ハイエンド級の高い性能と5G対応が魅力だ

 一方の「HUAWEI P40 lite E」は税抜2万4800円という低価格を実現しながらも、夜景撮影にも強いトリプルカメラや普段使いに十分な性能のミドルクラスのCPUを搭載。低価格ながら快適に使えるスマホに仕上がっている。

こちらは「HUAWEI P40 lite E」。低価格ながらも大画面かつトリプルカメラを搭載する

 両モデルとも大画面かつコストパフォーマンスも良好で、SIMフリースマホが欲しい人にとってはどちらを買うべきか、うれしい悩みといえるだろう。では、「HUAWEI P40 lite 5G」と「HUAWEI P40 lite E」のそれぞれの特徴を確認しつつ、どちらが自分に合ったモデルなのかを見ていくことにしよう。

大画面フルビューディスプレーでネット動画も快適!
筐体はカラーごとにこだわりの輝きを見せる

 両モデル共通の特徴は、前面がほぼ画面というフルビューディスプレーと、パンチホール式のインカメラだ。画面サイズはHUAWEI P40 lite 5Gが約6.5型(2400×1080ドット)でHUAWEI P40 lite Eが約6.39型(1560×720ドット)とやや差はあるが、いずれも大画面で動画を快適にみられるうえに、縦長なのでウェブサイトやSNSの一覧性も高い。もちろん発色も良好で視野角も広い。

HUAWEI P40 lite 5Gは約6.5型(2400×1080ドット)液晶を搭載

HUAWEI P40 lite Eは約6.39型(1560×720ドット)液晶

 ただ、2機種をよく見比べると、HUAWEI P40 lite 5Gのほうがやや発色や明るさ、解像感の面で上回っており、さらにHDR10の再生にも対応している。普段の操作ではあまり気にならないものの、高画質な映画配信や自慢の写真をより鮮やかな表現で楽しみたい場合は、細かい部分だがこのワンランク上の性能が効いてくるかもしれない。

 両モデルともインカメラを小型のパンチホール式で搭載している。HUAWEI P40 lite 5Gは約1600万画素、HUAWEI P40 lite Eは約800万画素だ。

両モデルとも、ディスプレー左上の小さいパンチホールにインカメラを搭載している

 カラバリはともに色や輝きに変化を持たせている。HUAWEI P40 lite 5Gのスペースシルバーは滑らかなグラデーションと透明感を感じさせる背面パネルを採用。天然石のように落ち着いた雰囲気と優美さを両立させている。一方のHUAWEI P40 lite Eも、背面から側面フレームにまで施されたグラデーションが美しい。両モデルとも、カラバリごとにグラデーションや輝き方のパターンが異なり、選ぶ楽しさも持っている。

HUAWEI P40 lite 5Gの背面にはクアッドカメラやNFCを搭載。なお、指紋センサーは右側面にある

HUAWEI P40 lite Eの背面はトリプルカメラと指紋センサー、NFCを搭載する

 持ち心地やサイズ感だが、画面サイズが近いこともあってかなり似通っている。片手での文字入力も可能だが、基本は両手で持って安定して使いたいサイズかもしれない。

HUAWEI P40 lite 5Gのスペースシルバーは、透明感のある背面パネルとグラデーションに加えて、縁が滑らかな曲面となっている。持った時のホールド感も良好だ

HUAWEI P40 lite 5Gのオーロラブルーは、背面も側面もグラデーションが美しい。また、背面の縁のあたりは中央部と異なる輝き方をする

 なお、厚みという点ではスペック値だとHUAWEI P40 lite Eのほうが薄いのだが(約8.13mm、HUAWEI P40 lite 5Gは約8.58mm)、実際に持ってみるとHUAWEI P40 lite 5Gは背面が丸みを帯びており、実は握りやすいのだ。カタログでは出てこないところで、HUAWEI P40 lite 5Gの使い勝手へのこだわりが見えた。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事