このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

HUAWEI P40シリーズ ロードテスト 第3回

SIMフリースマホのボリュームゾーンに投入するヤバいレベルに高性能な1台

4眼カメラに5G対応! クラスを超えたミドルのSIMフリースマホ「HUAWEI P40 lite 5G」

2020年06月17日 11時00分更新

文● 島 徹、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

約6400万画素のAIクアッドカメラに5Gネットワーク対応
ミドルクラスの常識を変えるSIMフリースマホ!

 SIMフリースマホで長年市場をリードしてきたモデルといえば、ファーウェイの「HUAWEI P lite」シリーズだ。競争の激しい3万円台のボリュームゾーン向けながらも、高い処理性能とカメラ画質、デザインの良さにより、いずれのモデルも人気のロングセラー商品となっている。

今年の「HUAWEI P40 lite 5G」は5G対応! 4眼カメラや高性能CPUなど、ハイエンドスマホに近い機能と性能を持つ1台に仕上がっている

 ファーウェイは2020年、このP liteシリーズの常識を大幅に覆す高性能モデル「HUAWEI P40 lite 5G」を投入する。

 HUAWEI P40 lite 5Gでは約6400万画素センサーを含む4眼カメラ、5G対応、高性能CPUを搭載。市場想定価格で税抜3万9800円という手頃な価格ながらも、3万円台のほかのモデルを性能でリードし、最新ハイエンド機に迫る内容を持っている。このHUAWEI P40 lite 5Gの魅力について、今回見ていこう。

約6.5型の大画面を搭載。背面には約6400万画素のクアッドカメラを搭載

難しいシーンもAIで高画質に! 約6400万画素クアッドカメラ

 今スマホを選ぶ際、まず誰しもが気になるのは、やはりカメラだろう。約6400万画素のメインカメラのほか、約800万画素の超広角カメラ、約200万画素のマクロカメラ、約200万画素の被写界深度カメラの組み合わせとなっている。

メインのセンサーは約6400万画素。左から、マクロカメラ、被写界深度カメラ、メインカメラ、超広角カメラ

 ファーウェイのハイエンド機譲りとなるAIを利用した被写体を認識してのオート撮影や、夜景モード、ポートレート撮影、ライトペインティング撮影などにも対応している。

AIが料理や風景、人物や動物などを認識し、最適な設定で撮影してくれる

 実際に撮影した写真を見てみても、解像感の高さに加えてAIやHDRの補正機能が優秀で、明暗差の激しいシーンであっても肉眼で見たような自然さで、全体をまとめてくれる。夜景シーンでも、一般的な低価格帯のモデルのカメラと違い、明るくノイズもうまく除去してクリアに撮影できた。

メインカメラで撮影。約6400万画素センサー搭載ということもあり、レンガの壁や芝生も自然かつ繊細に描写できている。また、左の影になっている扉なども黒潰れなく撮れている

夜景モードで撮影。左下の明るい通路と、左上の肉眼ではほぼ見えない工事中の暗いビルを含む明暗差の激しいシーンだが、1枚の夜景としてうまくまとめている

白い皿の白っぽい料理が含まれる意外と難しいシーン。サラダは新鮮そうに、パスタも白飛びせずしっかり描けている

ポートレートやワイドアパーチャを使うと、背景をぼかした写真を撮れる。ワイドアパーチャの場合、あとから絞り値を変えてぼけ具合を調節できる

超広角で撮影。高層ビルをフレーム内に収めつつ細部もしっかり描けている

スーパーマクロで4cmまで近づいて撮影。花弁をクローズアップして、肉眼では見えない世界を見せてくれる

 このほか、4K動画撮影や最大960fpsのスローモーション動画撮影にも対応する。

 カメラ全体で見ると、メインカメラはかなり高性能で、多くのハイエンドスマホと比べても同等か上回る画質を実現していると言っていいだろう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事