このページの本文へ

マカフィー 標的型攻撃を特定する「McAfee MVISION Insights」発表

2019年11月07日 13時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マカフィーは10月2日(現地時間)、「McAfee MVISION Insights」を発表した。

MVISION Insights 画面イメージ

 企業への標的型攻撃の特定が可能になるもので、攻撃対象範囲(エンドポイント、ネットワーク、クラウド)全体で、グローバルに攻撃を追跡するという。

 現状の対策で起こりうる、脅威の実際の影響と潜在的な影響の評価や、自社を標的とする可能性が最も高い攻撃への体制構築もできるとのこと。

 マカフィーのレポートによれば、セキュリティー担当者の71%が、会社または組織でのデータ漏洩の発生に対する主な責任は自分たちにあると考えているという。経験したデータ漏洩は、40%が知的財産の盗難であり、可視性の向上と機密データ盗難対策の必要性は明らかであるとしている。

カテゴリートップへ

5分で解説! あなたとスマホは狙われている

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる