このページの本文へ

得選!ひかりTVショッピング

2つのディスプレーで作業効率が劇的にアップ!

ScreenPad 2.0が超便利な「ASUS ZenBook 14」をひかりTVショッピングで!

2019年10月03日 11時00分更新

文● 藤原達矢(アバンギャルド) 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ZenBook 14
UX434FL-A6002T

●メーカー:ASUS
●ぷらら価格(税込:10%) 15万8590円


■ 先着10台限定!ASUS製マウス「UT-200」プレゼント

 ひかりTVショッピングでZenBook 14を購入すると、先着で10名様にASUS製マウス「UT-200」をプレゼント!

ご購入はコチラから!

主なスペック
ディスプレー 14型ワイドTFT(1920×1080ドット))
CPU インテルCore i5-8265U
GPU NVIDIA GeForce MX250
メモリー 8GB
ストレージ 512GB
OS Windows 10 Home 64ビット
サイズ/重量 319(W)×199(D)×16.9(H)mm/約1.3kg

タッチパッドがセカンドディスプレーに

「ひかりTVショッピング」、に革新的なパソコンの使い方を提案するマシンが登場。今回取り上げるのは、ASUSの「ZenBook 14」だ。

 注目はASUSが開発した、タッチパッドがセカンドディスプレーにもなる「ScreenPadd 2.0」。例えば、よく使うアプリのアイコンを並べて素早く起動したり、ブラウザーやファイルを表示させて画面を広く使ったりすることができる。タッチパッドとセカンドディスプレーの切り替えもタッチ操作で簡単に行え、ファンクションキーでタッチパッドに固定しておくことも可能だ。

 もちろん、機能やスペックにも妥協はない。第8世代のインテルCore iプロセッサのほか、8GBのメモリーと512GBのSSDを搭載しており、メインマシンとしても不足はない。動画編集などに役立つNVIDIA GeForce MX250グラフィックスも搭載する。モバイル性も高く、持ち運びやすい13型クラスのボディに、一回り大きい14型ディスプレーを搭載しているので、ZenBook 14が一台あればどこでも快適に作業ができるのだ。ひかりTVショッピングならお得な価格で手に入るので、ぜひ一度チェックしてみよう。

EDITORS EYE 1
Windowsを革新するScreenPad 2.0

 タッチパッド部がセカンドディスプレーにもなる「ScreenPad2.0」は、アイデア次第で様々な使い方ができる。ZenBook 14を使うときは、ぜひマウスを併用して欲しい。ポインタの操作をマウスで行えば、ScreenPad2.0のタッチパッドとディスプレーを切り替える手間が省けてより快適に使えるのだ。

ScreenPad2.0には、テンキーを表示することもできる。仕事で数字を入力する機会が多い人は重宝する使い方だろう。

ScreenPad2.0のサイズはスマホ並みの5.65型なので、動画の閲覧も快適だ。その分ほかの作業にメインディスプレーを広く使うことができる。

マウスを使えばScreenPad2.0はセカンドディスプレーを固定表示しておけるため、マルチタスクがより快適になる。

EDITORS EYE 2
14型でも13型並みのモバイル性

 ZenBook 14は従来モデルより約13%コンパクトになり、より携帯性が向上。液晶を囲むベゼルを四辺とも細くし画面占有率90%の狭額縁を実現したことで、13型のボディに14型のディスプレーを搭載。持ち運びやすさと作業性を両立した、どこでも快適に使えるモデルだ。

A4変形サイズの週アスと比べるとその小ささがわかる。重さは約1.3kg。小さなカバンにも収まって負担なく持ち運べる。

ディスプレーサイズは14型だが、4辺狭額縁設計で画面占有率は90%なので、本体サイズは13型クラスに収まっている。

EDITORS EYE 3
Windows Hello対応IRカメラ

 細いベゼルの上部には顔認証が可能なWindows Hello対応のIRカメラを搭載。スムーズにパソコンを起動できるので重宝する。外出先での作業も安心だ。マルチユーザーに対応しているので、家族で使い分けることもできる。

Windows Hello対応のIRカメラを搭載しているので、顔認証で素早く起動することができる。

※記載されている商品・販売価格は予告なく変更する場合がございます。

(提供:NTTぷらら)


カテゴリートップへ

この連載の記事

オススメメーカー

オススメカテゴリ

ひかりTVショッピングの紹介エリア