このページの本文へ

IGZO液晶と大容量バッテリーで長時間の利用が可能

シャープ、楽天モバイル向けに「AQUOS sense3 lite/plus」を商品化

2019年09月06日 20時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AQUOS sense3 lite(開発中の端末のため、変更になる場合がある)

 シャープは9月6日、楽天モバイル向けスマホとして「AQUOS sense3 lite」と「AQUOS sense3 plus」の商品化を発表した。

 AQUOS sense3 lite(SH-RM12)はおよそ5.5型(2160×1080ドット)のIGZOディスプレーを備えるAndroid 9Pieスマホ。Qualcomm Snapdragon 630、4GB RAM/64GB ROMなどを備える。4000mAhの大容量バッテリーと省エネ性能に優れたディスプレーにより電池の持ち時間が長いのが特長。防水防塵性能はIPX5・IPX8/IP6X。10月上旬発売予定。

AQUOS sense3 plus(開発中の端末のため、変更になる場合がある)

 AQUOS sense3 plus(SH-RM11)は現在開発中につき詳細は不明ながら、12月中の発売を予定している。

カテゴリートップへ