このページの本文へ

MacBook向けUSBハブが登場 HDMIやイーサネットも搭載

2019年08月16日 10時10分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フォーカルポイントは8月15日、MacBookに必要なポートとスロットを搭載するTwelve South製のUSBハブ「StayGo USB-C Hub」を発売した。オンラインショップおよび、家電量販店などで販売する。価格は1万2744円。

 USB Type-C×1、USB Type-A×3、HDMI×1(4K出力)のほか、ギガビットEthernetポート×1、microSDカードスロットなどを搭載。USB Type-CはUSB PDに対応し、最大85Wまでの電力をサポートする。

 付属する1mのケーブルは片側が90度曲がっていて、StayGo USB-C HubをMacBookに沿うように配置可能。MacBookの後ろに回したり、スタンドの下を通したりもできる。接続したケーブルを見えないところに配置することもできる。また、本体に収納可能な125mmのトラベルケーブルも付属する。

 本体サイズは約幅126×奥行き14×高さ61mmで、重さは約124g。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中