このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ASUSからピンクのゲーミングデバイス「ROG PNK LTD」登場、個性派ゲーマー要注目!

2019年06月24日 18時15分更新

文● 松野将太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨今のeスポーツシーンの盛り上がりに伴い、キーボードやマウス、ヘッドセットといったPC向けのゲーミングデバイスが人気を集めている。精緻なマウスカーソルの移動や素早いキー入力を可能にする高い機能性はもちろんのこと、一般的なデバイスとは一線を画す高いデザイン性に魅力を感じる、というユーザーもいるだろう。

 そんなユーザーの注目を集めそうな製品が、ASUSのゲーミングブランド「ROG」から登場した。ラインアップはマウス「ROG Gladius II Origin PNK LTD」、キーボード「ROG Strix Flare PNK LTD」、ヘッドセット「ROG STRIX Fusion 300 PNK LTD」、マウスパッド「ROG SHEATH PNK LTD」の4モデル。製品名の末尾に「PNK LTD」の名を冠するこれらの製品群は、製品カラーにパステルピンクを採用する一風変わったゲーミングデバイスだ。いずれも既存製品をカスタマイズした特別モデルとなるが、6月20日の製品発表時点から多くのゲーマーの話題を集めている。

 全4モデルの製品サンプルをお借りできたので、それぞれの特徴を見ていこう。

「ROG Gladius II Origin PNK LTD」

「ROG Gladius II Origin PNK LTD」。実売価格は1万1000円前後。

 ROG Gladius II Origin PNK LTDは、100~12000dpiの解像度に対応するゲーミングマウス。オリジナルモデル「ROG Gladius II Origin」のカラーバリエーションに近い仕様で、2つのサイドボタン採用やスイッチの交換が可能、USBケーブルは着脱式といった点は変わらない。サイドボタンが2つとシンプルなこともあり、どちらかと言えばFPS向きの製品と言える。両側面に滑りにくいラバー素材を配しており、かぶせ持ちだけでなく、つまみ持ちやつかみ持ちといったグリップに対応しやすいのもメリットだろう。

サイドボタンは2つのみの右手用マウス。
右側面にはボタンがないものの、スリットが入ったラバーグリップが貼り付けてあり、マウスのつかみ持ちやつまみ持ちに対応しやすい。FPSには向いていそうだ。
ソール部分にはケーブルをロックするためのスイッチを搭載。ワイヤレス駆動には非対応なので、当然ケーブルが外れると入力がきかなくなる。しっかりロックしておきたい。
ケーブルは1メートルと2メートル(スリーブ)の2種類が付属。長さに応じて使い分けられる。
2つのオムロン製スイッチが付属。マウスを分解すれば付け替えられる。

 ちなみに、オリジナルモデルとは発光ギミックがやや異なる。オリジナルはホイール部分と接地面付近のラインに加え、手元のロゴマークが発光していたが、PNK LTDではロゴマークが発光しない。「Aura Sync」には変わらず対応する上、どのみちマウスを握っていれば見えなくなってしまう部分なので、実用上は特に気にする必要もないだろう。

 実売価格は1万1000円前後。

前へ 1 2 3 次へ