このページの本文へ

ブラウザー対応や音声再生機能が追加

ハコスコのバーチャルツアー機能がアップデート

2019年04月22日 13時45分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
バーチャルツアー「長崎教会群VR」

 VRサービスを提供するハコスコは4月16日、VR映像配信サービス「ハコスコストア」におけるバーチャルツアー機能のアップデートを実施した。新たにブラウザーへの対応と音声タグ機能が追加されている。

 ハコスコストアは、360度動画を投稿・配信できるVR配信プラットフォーム。動画はPCやスマホから映像を視聴できる。今回、バーチャルツアー機能のアップデートにより、ハコスコアプリをダウンロードしていないユーザーでもブラウザーからバーチャルツアーを体験できるようになった。

 また、音声タグ機能は日本語や英語、中国語などの多言語に対応。ユーザーが使用するブラウザーの言語設定から自動で判定された言語の音声ガイドが流れる。観光地へのバーチャルツアー導入時には、訪日外国人観光客と日本人国内観光客の双方のニーズに沿う情報を音声で伝えることが可能とのこと。

 今回の新機能を用いた第一弾コンテンツとして、世界文化遺産の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」をバーチャルツアー化した「長崎教会群VR」が公開されている。

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!