このページの本文へ

12月18日から公式オンラインストアで先行販売開始!

Snapdragon Wear 3100を搭載した「FOSSIL Sport Smartwatch」

2018年12月18日 20時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Wear OSスマートウォッチ「FOSSIL Sport Smartwatch」
広告キャンペーンモデルを務めるファッションモデル兼アスリートのCandice Huffine(キャンディス・ハフィン)

 フォッシルジャパンは12月18日、Wear OS by Googleを採用したタッチスクリーンスマートウォッチ「FOSSIL Sport Smartwatch」を発表。12月18日から、フォッシルの直営オンラインストア限定で先行販売する。価格は3万8880円。

 FOSSIL Sport Smartwatchは、Snapdragon Wear 3100 プラットフォームを搭載したスマートウォッチ。バッテリー寿命の長さを特徴とし、1度の充電でタッチスクリーンを使う状態では約1日、省電力モードでは約3日使用できるという。また既存のFOSSILのタッチスクリーンスマートウォッチよりも容量の大きい、350mAhのバッテリーを搭載している。

 OSはAndroid スマートフォンはもちろん、iPhoneでも利用可能なWear OS by Googleを採用している。簡単なスワイプ操作で、Google Assistantやスマホからの通知、Google Fitにアクセスできる。スマートウォッチコレクション 第4世代モデルと同様、心拍センサーやGPS、決済機能Google Pay(日本未対応)を搭載。防水は5ATM。さらに音楽ストリーミングアプリ「Spotify」や「NOONLIGHT」などの主要アプリをプリインストールしているという。

上段左からFTW6022(ブラッシュ 41mm)、FTW6025(グレー 41mm)、FTW6024(ブラック 41mm)、FTW4019(ブラック 43mm)。下段左からFTW6026(ライトブルー 41mm)、FTW6027(レッド 41mm)、FTW6028(ネオン 41mm)、FTW4021(スモーキーブルー 43mm)

 アルミニウムとナイロン製のケースにカラフルなシリコンストラップを組み合わせたことで、軽量でスムーズな付け心地を実現したとのこと。カラバリはブラッシュ、グレー、ブラック、ライトブルー、レッド、ネオン、スモーキーブルーの7色を用意。サイズは約41mmと約43mmの2種類。41mmサイズのケース重量は約25g、43mmサイズが約28g。ワンタッチで付け替え可能なストラップを採用。41mmケースのストラップは約幅18mmで、43mmケースは約22mm。

 対応OSはAndroid OS 4.4以上(Go editionを除く)、iOS 9.3以上。Bluetoothに対応。マグネット式充電を採用している。

カテゴリートップへ