このページの本文へ

コントローラーも6DoF対応

6DoF対応の新たなVRデバイスが中国から登場

2018年11月27日 13時45分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Shadow VR

 中国・上海のデバイスメーカーShadow Creatorは最新VRヘッドセット「Shadow VR」を発売した。ヘッドセット、コントローラーともに6DoF(前後上下左右の動き/回転を検出)を実現。公式ウェブサイトでの販売価格は、1台400ドル(およそ4万5000円)となっている。また、あわせてShadow VRがHTCの展開するプラットフォームVIVE Waveへの参加を発表した。

 VIVE Waveは、HTCが中国を中心に展開するモバイルVR向けのエコシステム。ハードウェアのスペックやソフトウェアでのサポートを行なっている。2017年11月に発表され、HTC以外にもPico、暴風魔境など全15のVRヘッドセットメーカーが参加している。HTCは、VIVE Waveが「バラバラのモバイルVR市場をまとめ上げるためのステップ」になることを期待しているという。

ヘッドセットとコントローラー 

 公式発表によれば、Shadow VRの6DoFコントローラーは自社開発とのこと。PlayStation VRでも使われるPlayStation Moveコントローラーとも似た、先端に球状のトラッキング用部位がある。9軸ジャイロスコープを内蔵し、ボタン配置は他社の一体型VRヘッドセットOculus GoやVIVE Focusのコントローラーと似たレイアウトになっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!