このページの本文へ

外科手術のシミュレーションの開発や評価を進める

英VR企業、米病院と提携してVR手術シミュレーションを開発

2018年11月20日 18時45分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
FundamentalVR

 英FundamentalVRは11月5日、米国のMAYO CLINICと提携して手術のVRシミュレーション及び教育コンテンツを共同開発すると発表した。また、同社が投資会社から140万ドル(およそ1.5億円)の資金調達を行なったことも明らかになっている。

 今回のパートナーシップにより、医師やデータサイエンティストらの協力を得て新たなシミュレーションコンテンツ「Fundamental Surgery」の開発、評価、検証を行なうという。VRシミュレーションでは専用のコントローラーを用い、外科手術VRを使って医師のトレーニングを助けることを目的とする。

 FundamentalVRでは、今回のパートナーシップを通じてMAYO CLINICの専門家とコネクションを持ち、VRプラットフォームを教育や評価の分野へ拡大するとしている。この目標に向けて、同社は一般的な外科手術から患者固有のものまで、幅広いコラボレーションを計画しているとのこと。

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!