このページの本文へ

WWDC2018レポート

macOS Mojaveのダークモード、開発者はなにをすればいい?

2018年06月06日 08時00分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
macOS Mojaveに搭載されるダークモード

 6月4日(現地時間)から始まったアップルのWWDC。基調講演後には、さっそく各OSのデベロッパープレビューが配布された。その中でやはり気になるのは、macOS Mojaveのダークモードだろう。いったいどのようなアプリがダークモードで使えるのだろうか。

 アップルによると、ダークモードは「システム環境設定」で切り替えることが可能で、Finderやプリインストールアプリ、そしてサードパーティーのアプリに適用されるという。ただし自動適用されるサードパーティーアプリには条件があり、macOSのAppKitとセマンティックカラーを利用している場合に限られる。

 一方、AppKitを使わず、カスタムなUIを独自実装しているゲームなどはダークモードの影響を受けないと思われる。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中