このページの本文へ

最新プレミアムAndroidタブ「MediaPad M5 Pro」登場! ペンも付属して5万円台!

2018年05月10日 14時25分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、Windows 10搭載のプレミアムモバイルPC「HUAWEI MateBook X Pro」の国内発売とともに、Androidタブレット「HUAWEI MediaPad M5 Pro」「HUAWEI MediaPad M5」も発表している。発売日はいずれも5月18日。

ファーウェイのプレミアムAndroidタブに新モデル
ついにペン入力にも対応!

 MediaPad Mシリーズは、同社のAndroidタブレットの中でもエンタメ性能を強化した最上位モデル。背面にもロゴがあるHarman KardonによるサウンドチューニングはM5でも継続して採用されている。

 まず、10.8型(2560×1600)のHUAWEI MediaPad M5 Proは、Wi-Fiモデルのみの用意。主に自宅で動画や写真といったコンテンツを楽しむための端末となる。また、M5 Proはペン入力「M-Pen」にも対応。パッケージにも付属している。

 主なスペックは、HUAWEI Kirin 960(4×2.4GHz+4×1.8GHz)、4GBメモリー、64GBストレージ、指紋センサー、Android 8.0(+EMUI 8.0)。バッテリーは7500mAhと大容量で急速充電にも対応する。

 エンタメ性能という点では、横画面時の端末背面の上部と下部にそれぞれ2基ずつ、計4基のクアッドスピーカーを内蔵し、縦画面でも横画面でもステレオサウンドが楽しめるようになっている。

 予想実売価格は税抜5万4800円。カラバリはシャンペンゴールド。上述のペンに加えて、専用のカバーも付属する(海外でリリースされているキーボードカバーは用意されない)。

8.4型モデルにはSIMフリーモデルも用意

 一方の8.4型のHUAWEI MediaPad M5は、SIMフリーのLTE版も用意される。

 こちらもディスプレーは2560×1600と高解像度。ただし、ペン入力には対応しない。そのほかのスペックはM5 Proと共通点が多く、、HUAWEI Kirin 960(4×2.4GHz+4×1.8GHz)、4GBメモリー、32GBストレージ、指紋センサー、5100mAhバッテリー、Android 8.0(+EMUI 8.0)など。Harman Kardonによるサウンドチューニングも同じ。

 予想実売価格はLTE版は4万5800円、Wi-Fi版が3万7800円。カラバリはスペースグレー。こちらも専用カバーが付属する。

  HUAWEI MediaPad M5 Pro HUAWEI MediaPad M5
ディスプレー 10.8型液晶 8.4型液晶
画面解像度 2560×1600ドット
サイズ 約258.7×171.8×7.3mm 約124.8×212.6×7.3mm
重量 約500g 約320g
CPU HUAWEI Kirin 960
4×2.4GHz+4×1.8GHz(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0(EMUI 8.0)
対応バンド
(LTE版)
LTE:1/3/4/5/7/8/
12/17/18/19/20/26/34
/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1300万画素/イン:800万画素
バッテリー容量 7500mAh 5100mAh
USB端子 Type-C
カラバリ シャンペンゴールド スペースグレー
予想実売価格(税抜) 5万4800円 4万5800円(LTE)
3万7800円(Wi-Fi)

カテゴリートップへ