このページの本文へ

新Mac Proは36コア搭載かも

黒い野獣iMac ProがApple表参道に出現

2017年12月26日 17時00分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Apple(アップル)は12月26日、Apple表参道などの直営店でiMac Proの発売を開始しました。なお、オンラインでは12月14日から予約が始まっており、速攻で注文した人はそろそろ実機が届き始めているようです。

 特徴は、スペースグレイの精悍なカラーリングと、CPUにXeon W、GPUにRadeon Pro Vegaを採用した圧倒的なパフォーマンスです。まずはその外観をチェックしていきましょう。

Apple表参道に1台だけ展示されているiMac Pro。標準構成モデルです
背面のポート類。USBタイプCポートのThunderbolt 3×4などが備わっています。有線LANはプロモデルらしく10Gbpsまでに標準対応
背面をよく見ると、27インチの5K iMacにはない排熱用のスリットが下部にあります
背面のリンゴマークも精悍な印象です
写真は英語キーボード。もちろんキーも黒です
指紋が付きやすそうな光沢ありまくりのワイヤレスマウス。裏面ももちろスペースグレイ
3.2GHzのXeon Wプロセッサーを搭載
27インチの5K iMacと比較。やはりiMac Proがカッコいい
前面リンゴマークの比較

 iMac Proに最適化されたFinal Cut Pro XとLogic Pro Xの新バージョンも登場しています。具体的にはFinal Cut Pro Xでは、360度VRビデオの編集、新しいカラーグレーディングツール、HDRビデオ対応などの新機能を搭載しました。もちろん、iPhone 8シリーズやiPhone Xで撮影したHEVCおよびHEIFの動画、静止画のフォーマットも読み込み可能です。

iMac Proに最適化されたFinal Cut Pro X

 一方Logic Pro Xは、「Sculpture」および「Amp Designer」が iMac Pro に合わせて最適化されてパフォーマンスが向上しています。最大で12倍も高速とのこと。「Sculpture」では、ストリングスの分解能が高くなる高解像度モードも加わっています。最大36コアCPUへの対応も目玉。iMac Proは最高でも2.3GHzで18コアのXeon Wプロセッサーしか選べないので、36コア対応ということはおそらく次期Mac Proに36コアモデルが用意されるということなのでしょう。

最大36コアまでのCPUに対応したLogic Pro X

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中