このページの本文へ

ファーウェイが「honor 9」発表! HUAWEI P10と近い性能でよりお買い得

2017年10月10日 14時10分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、SIMフリースマホの新機種としてhonor(オーナー)シリーズの「honor 9」を発表した。発売日は10月12日。価格は税抜5万3800円を予定している。なお従来モデルは楽天モバイル(と公式オンラインストア)の専売モデルだったが、今回はさらにIIJmio、イオンモバイル、goo Simsellerからも提供される。

 昨年登場したhonor 8がHUAWEI P9と近いスペックで、よりお手頃なモデルだったのと同様に、honor 9は今年6月リリースの「HUAWEI P10」と同様の関係となる。

 主なスペックはフルHD解像度の5.15型液晶、オクタコアの「Kirin 960」(2.4GHz+1.8GHz)、4GBメモリー、64GBストレージ、3200mAhバッテリー、Android 7.0など。

 HUAWEI P10とほぼ同等のスペックとなると注目はやはりカメラ。HUAWEI P10はLeicaレンズを採用するのに対し、こちらはそうではないものの、12メガのRGBセンサー+20メガのモノクロセンサーの組み合わせは同じ。4in1のハイブリッドフォーカスを採用。また「闇を切り裂く、ローライトで強いダブルレンズカメラ」という表現でその性能をアピールしている。

 HUAWEI P10と完全に異なるのはデザイン。前面・背面にガラス素材を用いるとともに、特に背面はガラスの下を15層のレイヤーを用意することで、見る角度によって光の映り込みに変化が生じるのが特徴的。

フラグシップ級の性能なのにお買い得。HUAWEI P10と異なり、メインのキーは指紋センサー一体型のホームボタンの左右にタッチキーとして用意されている
ガラス素材の下のフィルムによって、複雑な光の反射を映すのはhonor 8と同じ
側面はメタルフレームを採用する

 なお、イベント後の囲み取材では、来週16日にドイツ・ミュンヘンで発表会が予定されているハイエンド端末「HUAWEI Mate 10」について、年内の国内リリースを公表している。

 発表会の模様や実機については後ほどのレポートで詳しくお届けする。

ファーウェイ「honor 9」の主なスペック
ディスプレー 5.15型IPS液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約70.9×147.3×7.45mm
重量 約155g
CPU HUAWEI Kirin 960
2.4GHz×4+1.8GHz×4
(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
対応ネットワーク LTE:バンド1/3/5/7/8
/19/20/38/40
W-CDMA:バンド1/2/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS(4G+3G)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
(2.4/5GHz対応)
OS Android 7.0(EMUI 5.1)
カメラ画素数 リア:1200万画素+2000万画素
/イン:800万画素
バッテリー容量 3200mAh
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ サファイアブルー、グレイシアグレー、ミッドナイトブラック(楽天モバイル限定色)
価格(税抜) 5万3800円

カテゴリートップへ