このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

人気SIMフリースマホのスペック全紹介! 【2017年夏編】 第2回

ファーウェイ、ASUSにモトローラも人気モデルを用意

3万円台でほぼフル機能と買い度大! 人気SIMフリースマホ全紹介 【ミドルハイ編】

2017年08月14日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デュアルレンズ搭載でInstagram向き!?
ZTE「BLADE V8」

 デュアルレンズによるカメラが売りのZTEのミドルクラスの1台。そのカメラは13メガと2メガの2つのセンサーの組み合わせで、後者については被写体の距離を測るための補助的な役割を担っている。このデュアルレンズにより、背面がキレイにぼけた写真や、VRゴーグルで楽しめる3D写真などが撮影可能になっている。なお、インカメラも13メガと強力。

カラバリは写真のシャンパンゴールドに加え、ミッドナイトグレーとの2色

 スマホとしての主なスペックは、フルHDの5.2型液晶、オクタコアのSnapdragon 435(1.4GHz+1.1GHz)、3GBメモリー、32GBストレージ、2730mAhバッテリー、指紋センサー、Android 7.0など。DSDSに加えて、au VoLTEにも対応する。スペック的にはミドル~ミドルハイクラスだが、3万円台前半の実売価格なので、カメラでいろいろ楽しみたい人向けの1台と言える。

片手で持ちやすい5.2型+DSDS対応などが魅力
ZTE「AXON 7 mini」

 ZTEのフラグシップ機「AXON 7」の下位モデル。ディスプレーは5.2型で(フルHD解像度の有機EL)、横幅は71mmと最近では比較的コンパクトな部類に入る。

流麗な曲線が魅力的なメタル筐体はAXON 7と同様で、5.2型と若干コンパクトになった「AXON 7 mini」

 イオンゴールド、クオーツグレーの流麗な美しいメタル筐体はAXON 7と同じ。CPUはSnapdragon 617(AXON 7はSnapdragon 820)となるものの、3GBメモリー、32GBストレージ、16メガカメラ(8メガカメラ)と十分な性能に加えて、キャリアアグリゲーション/DSDS対応はAXON 7と同等。もちろん背面にはタッチ式の指紋センサーもあるので、最近では実売価格が下がってきたことを考えると、かなり魅力的。

表面処理はAXON 7と少しだけ異なり、メタル筐体にしてはマットな感じ

上下対称のデザインや背面のガラス素材が美しい
Alcatel「IDOL 4」

 TCLコミュニケーションズが展開するAlcatelブランドは、もともとフランスの通信企業の携帯電話部門からスタートしているだけに、端末のデザインが一番の売り。

上下対称の形状は前モデルのIDOL 3と同様

 看板モデル「IDOL 4」は上下対称デザインが特長で、実際に上下反対でも端末の操作や通話などが可能。印象的なのは背面のガラス素材で、光の線が見る角度によって姿を変えていく。

 スペックは、フルHD解像度の5.2型IPS液晶、オクタコアのSnapdragon 617(1.5GHz+1.2GHz)、3GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、2610mAhバッテリーといった内容で、実売価格は約3万4000円。また、au VoLTEにも対応している。ただ、DSDSや指紋認証に対応していないのは少し残念なところ。

光の線が背面に映り込む

製品箱がそのままVRグラスになる

 次回の3回目はミドルクラスの端末を紹介。価格帯は2万円台で、MVNOのセット販売を含め、台数的には最もボリュームが大きいゾーンだ。そのぶん、各社ともに勝負モデルを投入しており、最近では8コアCPUや指紋センサー搭載など、価格以上の性能を持つ製品が増えている。モデル数も多く、選びがいがあるラインアップになっているのでお楽しみに!


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン