このページの本文へ

NTTドコモ、越境ECサービス「日本館」を終了

文●通販通信

2017年02月23日 08時30分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

④写真_日本館終了 (株)NTTドコモは23日、チャイナモバイル(China Mobile Communications Corporation)が運営する中国の通販サイト「和生活」内に開設していた日本商品専用ページ「日本館」を28日で終了すると発表した。

 「日本館」は、ドコモ初の越境ECサービスとして、2016年9月にスタート。子会社のらでっしゅぼーや(株)など、日本の大手メーカーや地域メーカーなどが、中国の消費者に向け、日本の伝統工芸品や化粧品、日用品などを出品。中国政府が設置した越境EC試験区の保税倉庫で商品を保管・発送していた。

 しかし、サービス開始からわずか6カ月でのサービス終了となった。同社は「現在の事業環境に鑑み、経営資源を集中すべくサービスを終了する」とコメントしている

 ■「和生活 日本館」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く