このページの本文へ

楽天SP獲得も、Googleが「Android Pay」開始

2016年12月13日 09時03分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image Googleは13日、楽天Edyと提携し、Androidスマートフォンで支払いやポイント付与ができる決済サービス「Android Pay」を開始した。

 「Android Pay」の提供は日本で9カ国目。ビッグカメラ、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、ヨドバシカメラ、ローソン、マツモトキヨシなど国内47万店以上の楽天Edy対応店舗でAndroid Payでの支払いができるようになった。

 支払い時にスマートフォンを電子マネーリーダーにかざせば、支払いが完了。購入履歴もアプリでチェックできるほか、楽天ポイントカードなどのAndroid Pay対応ポイントグラムの情報もアプリ内に追加することができる。

 「Android Pay」を利用するには、Google Playストアからアプリをダウンロードし、アプリ対応の電子マネーを追加する必要がある。モバイル楽天Edyを利用している場合、アカウントを連携できる。「Android Pay」への入金は、アプリからクレジットカードでの入金、楽天Edy対応店舗での直接入金の両方に対応している。

 2017年からはフェリカネットワークと連携し、対応する電子マネーの種類を拡大する。また、今後は三菱東京UFJ、Visa、Mastrercardなどの協力で、Android Payチェックアウトなどのサービスを提供する予定。Android Payに楽天Edyを追加すると、期間限定で400円分のサインアップギフトが付与される。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く