このページの本文へ

家で店内でVR内見

VR内見システム「3D オープンハウス」をセキスイハイムが導入!

2016年11月11日 19時53分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オープンランウェイズは11月11日、VRに対応する物件内覧システム「3D オープンハウス」をリリースした。リリース第一弾として東京セキスイハイムが販売する戸建分譲物件で、3D オープンハウスの利用を開始した。

 3D オープンハウスは、撮影地点間を実際に歩いて回っているように映像処理することにより、本当に現地に赴いて物件内を歩いて見学しているような体験ができる。これにより不動産購入を検討している人は、現地まで物件見学に行かなくても物件の確認ができる。また、VR用ヘッドマウントディスプレーを用いた内覧体験も可能になる予定だという。

イメージ撮影ロボット

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!