このページの本文へ

フォトリアルなイメージをレンダリング、商品や空間を疑似体験

VividWorks、高画質レンダリングサービスを参考出展

2016年10月29日 08時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
VividWorks 高画質レンダリングの画面サンプル

 フィンランドのオウル市に本社を置くVivid Works Ltd.は、同社のクラウド型ビジュアライゼーションサービス「VividPlatform」の拡張機能として高画質レンダリングサービス「VividHQR」を開発した。そして、10月26日〜28日に東京ビッグサイトで開催されたジャパンホームショーに参考出品した。このサービスはショールームや営業所、展示会での利用を考えられており、正式販売は2017年第1四半期となる見通し。

 VividHQRは、ショールームに設置した高性能なPCがクラウドサービスと連動して、商品やインテリア空間をリアルな質感、実物サイズで表現することができる。

 また、VividWorksはヘッドマウントディスプレイ(HMD)機能もサポートしているため、HMDを装着することで、バーチャルな空間を自由に動き回り、好きな視点で商品やインテリア空間を確かめることができるとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!