このページの本文へ

KDDIが自社の通信ネットワークを採用したSIMを提供

KDDI、ソラコムと共同開発した「KDDI IoTコネクト Air」を発表

2016年10月19日 11時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月19日、KDDIはソラコムと共同開発した「KDDI IoTコネクト Air」の提供を開始した。KDDIは自社の通信ネットワーク回線を採用したSIMを提供し、SORACOM Airと同じくWebからのSIMの申し込みや発行、管理を行なえる。サービスはソラコムの運用管理する携帯通信コアネットワーク「SORACOM vConnec Core」を活用しており、IoTやM2Mに適したクラウド連携やセキュリティサービスが利用可能になっている。

KDDI IoTコネクト Airのサービス概要

 SIMあたりの契約事務手数料はSIM送料込みで1500円となっており、基本料金は1日10円(SMS基本料を含む。利用中断時は5円/1日)。SMSの送信料が1回3円、受信料は無料。データ通信料は1MBあたり0.2円(32kbps・上り)からとなっており、128kbps、512kbps、2Mbpsで上り/下りで料金が異なる。また、午前2~6時の夜間料金は一律で0.2円となる。サービスは2016年の12月以降に提供が開始される。

 ソラコムは2015年9月より、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を提供しており、すでに4000社以上のユーザーが利用している。これまで同社はNTTドコモの通信ネットワークを用いて自社サービスを提供してきたが、今回の発表でKDDIの通信ネットワークでもソラコムのIoTサービスが利用可能になる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ