このページの本文へ

応募受付期間は7月下旬〜8月31日

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、PlayStation VRコンテンツのコンテスト企画を開催

2016年07月21日 14時45分更新

文● poroLogue/MoguraVR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Made With Unity Contest with PlayStation VR」

 7月9日と10日の2日間、京都で開催されたインディーゲームイベント「BitSummit 4th」。そこで行われたソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)によるステージイベントにて、PlayStation VRコンテンツのコンテスト企画「Made With Unity Contest with PlayStation VR」 の詳細がアナウンスされた。

 本企画は、ゲームエンジンのUnityとクリエイターを応援する会社が集い、PS VRコンテンツの企画からタイトル成立までのサポート体制を用意するのが目的となるコンテスト。Unityでの制作を前提としたVRコンテンツの企画があれば、法人・個人を問わずに誰でも応募できるのが特徴だ。

 参加条件は、専用サイトのエントリーフォームを通じて企画案を提出すること。企画案のフォーマットは、文字だけの企画書でも、映像を使った企画紹介でも良い。すでにUnityで開発しているデモがあれば、そちらでの応募も可能となっている。

 応募受付期間は7月下旬から8月31日(水)、当選発表は9月中旬。当選者にはPS VRの開発環境サポートが提供され、パブリッシャーがつけば、PS VRのコンテンツとしてリリースされる可能性もあるという。

コンテストの実施フロー

 審査は、株式会社Cygames をはじめとする国内パブリッシャー数社、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社、及びSIEが行う。また、特別審査員としてCygames CTOの芦原栄登士氏、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン日本担当ディレクターの大前広樹氏、SIEからワールドワイド・スタジオプレジデントの吉田修平氏と、ソフトウェアビジネス部次長の秋山賢成氏が参加する予定だ。

ゲーム業界の著名人たちも審査に参加する予定となっている

Made With Unity Contest with PlayStation VR 応募概要

応募期間:2016年7月下旬?8月31日予定
応募コンテンツ:Unityで制作されたVRコンテンツ
応募方法:専用サイトよりエントリー
当選発表:2016年9月中旬予定
副賞:PlayStation VR開発環境サポート
※審査のうえ、該当者なしの可能性あり
※制作進行上パブリッシュまで至らない可能性あり
コンテスト特設ページはこちら

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!