このページの本文へ

アスキーストア’s セレクション第478回

iPhone SEには何も悩まずDragontrail強化ガラスを貼ってほしい理由

究極のガラスプロテクター登場 監修した人物を直撃

2016年06月09日 12時00分更新

文● ACCNアスキーストア

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AppBank×週刊アスキーのコラボ、最新作はiPhone SE(5s、5、5c)専用ガラスプロテクターです。

 まず、週刊アスキーの矢崎副編集長こと週間リスキーのアックン・オッペンハイマー(ACCN)局長がAppBankのマックスむらいさんと一緒に撮った動画をどうぞご覧ください。

 そうです、とうとうパッケージに顔写真が入ってしまいました。

出たがりここに極まれりという感じだが、この方の保護フィルム・ガラスに対するこだわりは業界内でも有名なほどで、どうかお許しを

 たまたま本人が近くにおりましたので、いろいろとお話を伺ってみました。

──今回の製品の特徴は?

ACCN 素材は旭硝子のDragontrail。ガラス基材の厚さは0.4mm。iPhone 5系はフラットなのでエッジにテンションがかかって欠けるようなことも起こりにくい。よって、もっと薄いのにしてもよかったのです。ただ、薄いとコーティングが乗りにくいし、エッジをラウンドさせると強度が下がる。いろいろなバランスを考えてこの仕様にしました。

0.4mmのDragontrail。ラウンドエッジ加工はあえて最小限に留め、せっかく貼ったのにスグ端が欠けちゃったよ、えーんドラ○も~ん現象を起こりにくくしている
0.4mmでも、ここまでテンションをかけてパキンと行かない。柔らかいからこそ、iPhone本体のガラスを守れるというワケ

──実際に貼っていただきました。コツなどは?

ACCN iPhone 5系は小さいから貼りやすいですよ。ホームボタンとスピーカー周りをガイドに、ホコリに注意して慎重かつ大胆にアプローチしてください。恋愛と一緒です。

──ちょっとよくわかりません。

どこぞの保護フィルム屋に負けないジャストサイズ
抜き穴は耐久度を考慮して極力シンプルな形状に

ACCN どうよ。

──美しいです。触ってみていいですか?

うわ~、ヌルっヌル!

ACCN 本体のガラスもコーティングはされてますが、ここまでヌルヌルじゃないでしょう。市販のガラスプロテクターはより強力なフッ素コーティングがされていますが、酷使する部分からコーティングが剥げていきます。今回の究極ガラスは、剥げないとは言いませんが何重にも焼き付け処理をしてますので、iPhoneの本体の寿命くらいはもつはずです。

──まさに究極ですね。ところで、マックスむらいさんはiPhone SEをお使いなんですね。

ACCN やっぱゲームがやりやすいらしいよ。そして、このヌルヌルで最強でしょうな。

──オマエほかに言い残したことある?

ACCN iPhone SE含め、相当数いると思われる4インチiPhoneユーザー全員に使ってほしいくらいの自信作です。是非、アスキーストアでチェックしてみてくださいね。

  以上、自問自答でお届けしました。

 アスキーストアでは3218円(税込)で販売中。さらに詳細なスペック&オンライン購入はこちらでどうぞ(品切れてしまったらすみません)。

​週刊アスキー×AppBank Store「スマホのプロ」週アスACCN推薦!Dragontrail液晶保護強化ガラス for iPhoneSE/5s/5/5cをアスキーストアで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事
お買い得情報