このページの本文へ

mineo、SIMロック解除のiPhone 6sでの動作を確認 au/ドコモプランとも

2016年04月07日 16時30分更新

文● オカモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 au網/ドコモ網の両ネットワークで、格安モバイルサービスを展開するmineoは、独自調査により、SIMロック解除を行なったiPhone 6s/iPhone 6s Plusで動作が確認できたと公表した。mineoのファンサイト「マイネ王」内で詳細を掲載している。

 iPhone 6s/iPhone 6s Plus以降のiPhoneでは、ドコモ/au/ソフトバンクが販売している端末についても、購入から約半年後以降にユーザーの申し込みによりSIMロックの解除が可能である(ドコモは一部例外あり)。

 このようにSIMロック解除をしたiPhone 6sについても、mineoのAプラン(auプラン)、Dプラン(ドコモプラン)の各SIMでデータ通信、音声通話がともに可能であるとしている(Aプランは通常のSIM、VoLTE対応SIMとも)。ただし、Aプランではテザリングは対応していない。また、実際の利用時には、ネットワークを設定するためのプロファイルをインストールする必要がある。

 なお、iPhone 6s/iPhone 6sは、ドコモ/au/ソフトバンクで販売されている端末はハードウェア的には基本同じ仕様。Apple Storeから購入したSIMフリー版も同様で、こちらは以前からmineoでの動作が確認されていた。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中