このページの本文へ

人気SIMフリースマホ全カタログ【2016年3月編】 第1回

税抜1万円台でもかなり“使える”スマホが増加中!

人気SIMフリースマホの特徴とスペック全紹介! 【1万円台編】

2016年03月20日 12時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

税抜1万円台の最安ZenFoneが登場
「ZenFone Go」は5.5型HD液晶搭載で対応バンドも多い!

 国内でSIMフリースマホをリードしているASUS「ZenFone」シリーズ。ついに税抜1万9800円という安価な新モデル「ZenFone Go」が登場した。

 税抜1万円台と言っても、性能はかなり高い。HD解像度(720×1280ドット)でやや大きめの5.5型液晶を搭載。CPUにSnapdragon 400(720×1280ドット)、2GBメモリー、16GBストレージ、8メガカメラ(イン5メガ)、3010mAhバッテリーと典型的なミドルクラス。3Dゲームをのぞく大半の用途で十分な性能を持っている。

 ZenFoneシリーズの特徴とも言える対応バンドの多さは本機でも引き継がれており、LTEは1/3/5/6/7/8/9/18/19/28/38、W-CDMAは1/2/5/6/8/19。さらにデュアルSIM仕様なので、海外出張時用の2台目スマホとしての利用にも良さそうだ。人気が出ること間違いなしの1台だ。

既存のZenFoneシリーズの延長線上にあるデザインを採用。スペックもかなり高い

アルミ+ガラスでエントリー機と思えない高級感
ZTE「BLADE V6」

 “gooのスマホ”シリーズで、SIMフリースマホでもおなじみの存在となったZTEが、自社ブランドで提供している端末。昨年12月発売時点では税抜2万7800円だったが、その後に税抜1万9800円に値下げされた。それもあって、この価格帯でも1ランク上のデザインと性能を持っている

 その「BLADE V6」は厚さ6.8mmという薄型ボディーが特徴で、本体はアルミ合金とガラスで構成されており、なかなか美しい。主要なスペックは、CPUがMediaTek製のクアッドコア(MT6735 1.3GHz)、2GBメモリー、16GBストレージ、2200mAhバッテリーなど。約122gと軽量なのもうれしい。

ZTEのSIMフリー機が値下げで税抜1万円台に。ミドルクラスの性能を持つ「ZTE Blade V6」

4000mAhの大容量バッテリーに十分以上のスペック
FREETEL「Priori 3S LTE」

 FREETELのエントリー機のブランド「prioriシリーズ」の最新モデルが「Priori 3S LTE」。5型HD液晶(720×1280ドット)に2GBメモリー、16GBストレージと1ランク上のスペックに加えて、4000mAhと大容量バッテリーを搭載する点が最大の特徴と言える。それでいて厚さ9.4mmと大型過ぎるサイズでもない。

 CPUはクアッドコアのMediaTek MT6735P 1GHzなので処理性能ではそこそこレベルだが、SNSを中心にした利用には十分で、またタッチパネルも5点タッチ対応と後述するPriori3 LTEと比べても性能は高くなっている。電池長持ちという部分を活かして使いたい1台だ。

最近主流の5型モデル。鮮やかなネイビーのカラバリ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン