このページの本文へ

アップルのことだってわかっちゃいます

iPhoneで辞書が引ける! 使わないのはもったいないぞ

2015年12月16日 18時00分更新

文● つばさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、つばさです。

 iPhoneで調べ物をすることって多いですよね。気になるお店を見つけたときでも、テレビに知らない人が出ていたときでも、「Safari」などで検索すればすぐわかりますし。明日の天気も「天気」で、取材先への行き方も「マップ」でわかります。

 ところで、iPhoneに辞書機能があることはご存知でしょうか? 「辞書」というアプリがあるわけでもないから、意外と存在を知らない人もいるかも。

 でもでも、使い方は超カンタンです。「メモ」やSafariなどのアプリで調べたい文字列を選択して、ポップアップメニューから「辞書」を選択するだけです。コピペするときとまったく同じですよ。

文字をタップ、スワイプして、調べたい単語を選択します

ポップアップメニューにある「辞書」をタップ!

使ってる人は使っているけど、そうでない人には見慣れない画面かも。わからない単語はググることが多い……という人も覚えておいてくださいね

 使える辞書は、三省堂の「スーパー大辞林」と、「ウィズダム英和辞典/和英辞典」が採用されています。

 と、ここまではオフラインでも可能ですが、辞書画面で右下の「Webを検索」をタップすれば、単語をSafariですぐに検索できるのも便利!

辞書が表示されている画面で、右下の「Webを検索」をタップすれば、すぐにSafariが開いて検索できます

 また、アップルの用語辞典である「Apple Dictionary」が入っているのもポイント。iPhoneを最近買ったという人にも便利ですが、昔からアップルが大好きだった! という人にはいいヒマつぶしになるかも。

単語によっては、アップルの用語辞典「Apple Dictionary」で調べられます

「iPhone」の項目はこんな感じ


■まとめて読みたい方はこちら
iPhoneとiPadで使える超便利Tips集

■つばさが紹介したiPhoneテクニックが動画になりました
iPhone使い方講座

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中