このページの本文へ

Macでよく使うWi-Fiへ優先的に接続するテク

2015年11月21日 17時00分更新

文● らいら(@lyrahm) 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 街中やオフィスでMacを使おうとすると、以前利用していた公衆無線LANサービスなど、今は接続したくないネットワークに自動的につながることがある。

 たとえば筆者の例では、今いる建物に設置されているWi-Fiに接続したいのに、隣接するビルのスターバックスのネットワークログイン画面が勝手に表示され困ることがあった。その場所を使うたびに毎回、我がMacbook Proがスターバックスのネットワークへ接続しようとするため、設定を変更するのが面倒だった記憶がある。

スタバのWi-Fiに勝手につなごうとするのはやめろおおおおお!

 もし同じような問題に遭遇するなら、自動接続するWi-Fiの優先順位を見直してみよう。まず「システム環境設定」から「ネットワーク」を開き、Wi-Fiを選択して「詳細」をクリックする。

Wi-Fiのメニューエクストラから「“ネットワーク”環境設定を開く」を選択してもよい

 あとは「使ったことのあるネットワーク」一覧にあるネットワークをドラッグして、優先的に接続したいものから順に並べ替えればよい。出張が多いユーザーは、空港や駅でよく使うWi-Fiを上位に持ってくると便利だろう。

よく使うネットワークは上へ移動する

 逆に今後利用しないネットワークは、「-」ボタンをクリックして削除できる。二度と行かないホテルのWi-Fiや、旅先で使った公衆無線LANのアクセスポイントなどは削除しても支障ないだろう。

不要なネットワークは削除する

 リストの整理が終わったら「OK」をクリックし、「適用」を選択して設定完了だ。

 Wi-Fiだけでなく、有線接続と無線接続の優先順位も変更できる。ネットワーク設定パネルにある歯車ボタンをクリックし、「サービスの順序を設定」を選択。

「サービスの順序を設定」をクリック

 あとはよく接続する順に並べ替えて「OK」ボタンを押し、「適用」をクリックすればよい。もし毎回Wi-Fiをオフにしながら有線接続しているなら、どんな順位でサービスが並んでいるか確認してみることをおすすめする。

用語が難しくてよくわからない場合は、有線LANを優先するなら「Ethernet」という単語が入ったサービスを、無線LANを優先するなら「Wi-Fi」を最上位に移動させてみよう

 接続するネットワークを場所によって頻繁に変えるユーザーや、Wi-Fiが多く飛び交うエリアでよくMacを使うユーザーは、自動接続の問題に当たる可能性が高い。スリープから復帰するたびに、ネットワークの設定を変えるのが面倒だという人は試しておきたいTipsだ。

※:OS X 10.11「El Capitan」で検証


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中