このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スティックPC「m-Stick」“ヘッドレス”化で、液晶ディスプレーを不要にする

2015年06月18日 13時00分更新

文● ハイサイ比嘉/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーム、エンタメも楽しみたいなら
「Splashtop 2 Personal」でリモート接続

 ここからは、ヘッドレス化作業全体の流れを書いていこう。まず取りかかるのは、通常通り液晶ディスプレーに差したm-Stickとスマホ・タブレットの両方に、リモート接続用アプリをインストールすることだ。

 リモート接続アプリとしては、「Splashtop」シリーズをオススメしたい。日本語入力が可能でサクサク動き、さらにm-Stick側の音声も聴けるものとなると、Splashtopの一択となる。

 個人向けの「Splashtop 2 Personal」は、同一のLAN内なら無償で利用できる(商用利用不可)。屋外から接続したい場合は有償となり、月額167円または年額1427円(原稿執筆時)を支払う必要がある。

 クライアントアプリとしては、Android、iOS、Windows Phone、Windows XP/7/8、Mac OS X 10.7以降、Ubuntu 12.04(ベータ)が用意されている。また、接続先PCで動作させるアプリ「Splashtop Streamer」の対応動作環境は、Windows XP/7/8、Mac OS X 10.7以降、Ubuntu 12.04(ベータ)となっている。

 インストールは、Splashtop 2 Personal、Splashtop Streamerの順番に行った。設定は逆の順番で、まずSplashtop Streamer、次にSplashtop 2 Personalで作業している。

m-Stickにインストールした「Splashtop Streamer」の設定画面。「状態」タブでは、Splashtopアカウントを設定する

「設定」タブは、音声やスリープ関連の設定。m-StickはWake-on-LAN(WoL)に対応していないため、Windowsのスリープ機能を解除しておこう。電源オプションで「高パフォーマンス」を選ぶとm-Stickがスリープしない状態になる

「セキュリティ」タブの前半部分。「Windows パスワードが必要」「セキュリティコードが必要」という項目は、実際にリモート接続する際の認証設定だ。どちらかだけでも設定しておけば安心だろう

「セキュリティ」タブ後半部分。「自動的にロックします」は、リモート接続を切断した際にPC(m-Stick)をロック状態にするもの

 設定時の注意点は、まず「Windows パスワードが必要」と「自動的にロックします」の違いだ。「Windows パスワードが必要」は、あくまでリモート接続開始専用の認証で、リモート接続を切った後でもm-Stick側ではログイン状態が維持されている。ここで、液晶ディスプレーにm-Stickを差し、キーボードやマウスをつなぐと、誰でも自由に操作できてしまうのだ。これを避けるには、「自動的にロックします」を有効にするといい。リモート接続を切断すると同時にm-Stickがロックされ、第三者には操作できなくなる。

 また、Splashtopでリモート接続中は、誰かがダミーアダプターを外して液晶ディスプレーにm-Stickを差すと、操作内容が丸見えになる。これを見えないようにするには、「画面を非表示にします」にチェックを入れよう。その上で「ドライバのインストール」ボタンをクリックすると、自動でデバイスドライバーが導入される。

 もう1点は、「キーボードとマウスをロック」。リモート接続中のm-Stickにキーボードとマウスを直接差すと操作できてしまうため、これを防ぎたいならチェックを入れるべし。

 このほかの「詳細」「共有する」タブは無視して構わない。「情報」タブでは、ソフトがバージョンアップしているかどうかを確認できるので、時々のぞいてみるといい。

クライアントとなるスマホ・タブレット側の設定で重要なものは、「Splashtop アカウント」タブのみ(画面写真はAndroid版で撮影)

 ここまでできたら、先に挙げたように、ダミーアダプター、中継アダプター、m-StickをつないでWindowsを起動し直そう。その後は、スマホ・タブレット上のSplashtop 2 Personalでm-Stickを示すPCを選び、「リモートデスク」をタップするとリモート接続が開始される。なお、「解像度」の箇所では、接続中の画面解像度を設定できる。

スマホ・タブレット上のSplashtop 2 Personalでm-Stickを示すPCを選び、「リモートデスク」をタップするとリモート接続が開始される。「解像度」の箇所では、接続中の画面解像度を設定できる(画面写真はAndroid版で撮影)

Splashtop 2 Personalを使って、リモートでm-Stickを操作中(画面写真はAndroid版で撮影)

スマホ・タブレット側の日本語入力システムを使って、m-Stick上で文章を書ける(画面写真はAndroid版で撮影)

反応が鈍いと感じたら?

 リモート接続してみたものの、どうも反応が鈍いと感じたら、ネットワーク回線を疑ってみよう。Splashtop 2 Personalでの接続は、Wi-Fiでも役立つはずだが、ユーザーの利用環境によっては非常に重く感じることがある。そんな場合はm-StickにUSB接続の有線LANアダプターを差し、有線LANケーブルでルーターに接続するといい。それだけで大きく改善するはずだ。Windowsゲームで遊ぶ機会が多い方や、少しでも快適にしたいという方にもオススメしたい。

マウスコンピューター/G-Tune

主なスペック
製品名 m-Stickシリーズ MS-PS01F
直販価格 2万800円(税込)
CPU Intel Atom Z3735F(1.33GHz)
クーラー CPU冷却用マイクロファン
メインメモリー(最大) 2GB(2GB) PC3-10600 DDR3L
ディスプレー(最大解像度) ー(1920×1080)
グラフィックス機能 Intel HD Graphics(CPU内蔵)
ストレージ 32GB eMMC
LAN機能 無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)
インターフェース HDMI出力端子、USB 2.0端子、Bluetooth 4.0+LE
カードスロット microSD/microSDXC/microSDHC対応
サウンド機能 Intel SST Audio
本体サイズ 幅125×奥行き37.6×高さ14mm
重量 約61g
電源 ACアダプター 10W(5V/2A)、AC100V(50/60Hz)
消費電力 標準/最大 約2.1W/10W
OS Windows 8.1 with Bing(32bit)
キーボード/マウス
付属品 USB ACアダプター、給電用micro USB-USBケーブル、HDMI延長ケーブルなど

マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター/G-Tune

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ