このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「ARROWS Tab QH55/S WQ1/S」にキーボードやクレードルを接続しよう

富士通Windowsタブレットをさらに便利にする周辺機器

2015年03月04日 18時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通の10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab QH55/S」の、直販サイト「富士通WEB MART」限定モデルが「ARROWS Tab WQ1/S」だ。好みに合わせたパーツカスタマイズに対応している点が特徴で、ストレージの容量やデジタイザーの有無、液晶パネルの種類などを選択できる。さらに文書作成に欠かせないキーボードやインターフェース類を拡張するクレードルといった周辺機器を追加することが可能だ。

 そこで今回は、「ARROWS Tab WQ1/S」と合わせて購入したい便利な周辺機器について紹介しよう。

CPUにAtom Z3795(1.59GHz)を搭載したWindows 8.1 with Bing搭載10.1型タブレット「ARROWS Tab WQ1/S」

軽快に文書を作成できる「スリムキーボード」

 「ARROWS Tab WQ1/S」は単体でも便利に使えるが、専用の周辺機器を追加することで作業の生産性が大幅に向上する。

 たとえば、メールや資料などの長文作成に欠かせないキーボードについてだ。「ARROWS Tab WQ1/S」はキーボードのない「ピュアタブレット」にカテゴライズされるモデル。Windows 8.1のソフトウェアキーボードを使うことで文章を入力できるが、画面の半分以上がキーボードのインターフェースで隠れてしまう。文書を確認しながら効率的に作業するには、やはりキーボードが欠かせない。

 そこでおすすめしたいのが、オプションとして用意されている「スリムキーボード(FMV-NKB9)」だ。これは店頭モデル「ARROWS Tab QH55/S」に標準で付属しているキーボードと同じもの。「ARROWS Tab WQ1/S」ではユーザーの用途に合わせて、キーボードの有無を選択できる。

オプションとして用意されている「スリムキーボード(FMV-NKB9)」

 スリムキーボードの溝にタブレット本体をセットすることで、「ARROWS Tab WQ1/S」をクラムシェル型ノートのように利用できる。キーボードにセットしたまま本体を閉じれば、液晶ディスプレーを保護した状態で持ち歩くことも可能だ。

タブレットをキーボードにセットすると、クラムシェル型ノートのように利用できる。「ARROWS Tab WQ1/S」が2-in-1 PCに変身するスグレモノだ

 取り外す際は、ヒンジ部分にあるボタンを押すだけでOK。持ち歩く際は軽量・薄型なタブレットスタイルで、デスクで作業をするときは生産性の高いノートPCスタイルでと、必要に応じて使い分けられる点がうれしい。

 キーボードはテンキーなしの86キー構成で、キーピッチは約17.5mmだ。フルサイズ(19mm)のキーボードを常用している筆者が使ってみたところ、はじめはやや窮屈さを感じたが、すぐに慣れて違和感なく使えるようになった。キー配列はいい意味で標準的で、安心感がある。

キーピッチは約17.5mm。標準的なキー配列で、違和感なく使える

キーボードは心地よい高級感

 キートップはサラサラとした感触が心地よい、マットな仕上がりだ。低価格なキーボードにありがちなトップコート仕上げではなく、高級感が感じられる。キーストロークは約1.7mmで、10.1型向けのキーボードとしては適度な深さが確保されている。試しに入力してみるとキーの底打ち感がほとんどなく、タイプ時によくある指への負担がほとんど感じられなかった。軽めのタッチでも入力できるので、文章を軽快に入力できるだろう。

キーストロークは約1.7mmと深めのサイズが確保されている。底打ち感もなく、軽快な入力が可能だ

 タブレットをセットするスタンド部分は180度稼働する。駆動部分はやや固めで動かすには力を入れる必要があるが、そのぶんタブレット部分はしっかり固定されていた。試しに膝の上で使ってみたところ、かなり安定した状態で入力できる。電車のなかでの利用も問題ないはずだ。

スリムキーボードの側面。ヒンジ部分を動かすことで、タブレットの角度を自由に変えられる

 少し気になったのは、ヒンジの奥側がやや飛び出している点だ。この出っ張りによって奥行きが188.8mmから223.8mmへと35mmほど長くなってしまう。特にタブレット部分を閉じた際に出っ張りが気になるのだが、この部分が本体の重量を支えていることを考えればやむを得ないところだ。

 実際にスリムキーボードを使ってみて、使い勝手はかなり優れていると感じた。キータッチが心地よく入力しやすい点に加え、フラットポイント(タッチパッド)が付いているのも便利だ。サクサクと作業をこなすためには、必須のアイテムだと言える。

富士通 ARROWS Tab Wi-Fi


 

(次ページ、「USB機器や有線LAN利用時に便利な「拡張クレードル」」に続く)

前へ 1 2 次へ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通