このページの本文へ

KDDI、子会社によるau MVNO「UQ mobile」開始 月2GBで1058円

2014年12月11日 15時04分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サービス内容、端末のスペックなどを詳しく掲載した記事を新たに用意しています(こちら)。ぜひ合わせてチェックください。

 KDDI子会社のKDDIバリューイネイブラー(KVE)は、auの「4G LTE」ネットワークをMVNOで用いた格安SIMサービスを18日から開始する。ブランド名は「UQ mobile」。SIM単体での提供のほか、対応端末として京セラ「KC-01」、LG「G3 Beat」も発売する。

 KVEは、KDDIのMVNOとして自社でサービスを提供するほか、ネットワーク接続/サポートなどMVNO事業で必要なサービス基盤を提供。MVNO事業の展開を検討しているパートナーに向け、必要なサービスを提供することも目的としている。

 UQ mobileの主要プランは2つ。「データ高速プラン」(月1058円)は月に2GBの高速通信が利用でき、それを超過した場合は200kbpsに制限される。「データ無制限プラン」(月2138円)は300kbpsに速度は限定されるものの、通信量は無制限。なお、2015年末まではキャンペーンにより、500kbpsに増速される。3日で1GB以上の利用があった場合は、速度が制限されるケースがあるとしている。

プランは大きく分けて2つで、音声通話付きSIMも

 音声通話付きSIMももちろん用意されており、それぞれに月756円がプラスされる。音声通話付きSIMについては12ヵ月の最低利用プランが設定され、それ以内の解約には9500円の解除料が必要となる。なお、SMSとテザリングは無料で利用可能。

 端末やサービス内容の詳細については後ほどお届けする予定だが、当初はmicroSIMのみの提供で、iOS 8については「動作確認をしていない」とのこと。

SIM単体でも契約可能だが、端末も2機種提供

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン