このページの本文へ

感涙! カリスマギタリスト・hideがボカロで蘇った!

2014年12月05日 15時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

没後16年目の復活!
hideの新曲がボーカロイドでリリース!

 1998年に急逝した、元X JAPANのギタリスト、hide。ヴィジュアル系の元祖とも言われるポップでサイケなファッション、最新の音楽ジャンルを次々に取り入れる柔軟な音楽性で、絶大な人気を誇った。そんな彼が世を去ってから16年。最新のテクノロジーを使ってhideが復活するという。

GYAO!の特設サイトでは「子 ギャル」のPVを配信中だ

 これまでも、hide不在ながらもアルバムなどがリリースされてきた。ソロ活動時のバンドメンバー・Spread Beaverの面々により、主役不在でお蔵入りしかけた3rdアルバム「Ja,Zoo」をリリースしたのは有名な話。今回、12月10日にリリースされるのは、この「Ja,Zoo」に収録される予定だった曲「子 ギャル」を中心としたアルバムだというから驚きだ。

 この曲は過去にライブで演奏されたこともあったが、デモ音源はオケしか録音されておらず、他の曲のようにアレンジしてリリースすることができなかったという。しかし、植木等さんをボーカロイドで蘇らせたこともあるヤマハに、Spread BeaverのメンバーでマニピュレーターのI.N.A.が、ヤマハに打診をしたことからこのプロジェクトが始まり、リリースにいたるまで2年かかったとのこと。

 以下が、GYAO!上で公開されているhideの新曲「子 ギャル」だ。発表されてから「hideにしか聞こえない!」とネット上では絶賛と驚愕のコメントで溢れている。やはりみんなhideを待っていたのだ!

子 ギャル

 植木等、そしてhideと、本人ソックリに再現できるボーカロイド。もちろん徹底したリサーチとチューニングあってのものだが、この技術を応用すれば、音楽業界だけでなく、エンターテインメント全般で世界が広がりそうだ。初音ミクが初めてリリースされたときも革新的だったが、それくらいエポックメイキングな出来事だといえる。もしかしたら、マイケル・ジャクソンやフレディ・マーキュリー(クイーン)の新曲だってまだ聴けるのかもしれない。

 なお、12月10日発売されるアルバム「子 ギャル」は同名の曲のほか、これまでリリースした楽曲もリマスタリングされ、全17曲が収録される。価格は通常版が3240円、初回限定版が4104円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ