このページの本文へ

千趣会会長の行待裕弘氏が逝去

文●通販通信

2014年11月18日 01時28分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)千趣会は17日、代表取締役会長の行待裕弘氏(享年82歳)が間質性肺炎のため、16日に逝去したと発表した。

 行待氏は1953年に千趣会前身の味楽会に入社。2000年に代表取締役社長に就任した。千趣会創業メンバーの一人で、こけし人形の頒布事業から料理カードつき雑誌、カタログ通販へと事業を拡大させた。葬儀は近親者で営む。後日、お別れ会を行う予定。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く