このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「LIFEBOOK AH」シリーズ徹底比較! ― 第2回

お得なのはどっち?

店頭モデルか直販モデルか、富士通「LIFEBOOK AH」ハイスペックモデルの性能を比較

2014年10月06日 08時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
店頭販売向けのカタログモデル「LIFEBOOK AH77/R」(写真左)と直販向けのカスタムメイドモデル「LIFEBOOK WA2/R」(写真右)

 自宅や会社のデスクでじっくりと作業するなら、画面が大きくて拡張性に優れたA4サイズのスタンダードノートがおすすめだ。前回のレビューでは富士通「LIFEBOOK AH」シリーズから、ハイスペックモデルとベーシックモデル4機種の外観やインターフェースについて紹介した。今回はハイスペックモデルの2機種についてパーツ構成やベンチマーク結果を交えながら、マシンパワーの違いを検証したい。

LIFEBOOK AHシリーズの主なスペック
LIFEBOOK AH77/R
(店頭モデル)
LIFEBOOK WA2/R
(直販モデル)
LIFEBOOK AH53/R
(店頭モデル)
LIFEBOOK WA1/R
(直販モデル)
CPUCore i7-4712HQ(2.30GHz)Core i7-4712HQ(2.30GHz)Core i7-4702MQ(2.20GHz)Core i5-4210M(2.60GHz)/Core i3-4000M(2.40GHz)/Celeron 2950M(2.00GHz)
メモリー8GB8/16GB8GB4/8GB
ディスプレー15.6型、1920×1080ドット、タッチ対応、外部出力4096×2304ドット15.6型、1366×768ドット、外部出力1920×1200ドット(アナログRGB)/1920×1080ドット(HDMI)
グラフィックスインテル HD グラフィックス 4600インテル HD グラフィックス 4600(Core i選択時)/インテル HD グラフィックス(Celeron選択時)
ストレージ1TB HDD500GB/1TB HDD、1TBハイブリッドHDD750GB HDD500GB/1TB HDD
光学式ドライブBDXL対応Blu-rayディスクドライブBDXL対応Blu-rayディスクドライブ/DVDスーパーマルチドライブ
通信機能1000BASE-T対応有線LAN、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HS、NFC1000BASE-T対応有線LAN、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0+HS
インターフェースUSB 3.0端子×4、HDMI端子、ヘッドホン端子、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロットUSB 3.0端子×3、USB 2.0×1、HDMI端子、アナログRGB端子、ヘッドホン端子、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
本体サイズ/重量約幅377.2×奥行き256.6×高さ16~23.8mm/約2.5kg約幅378×奥行き252×高さ25.5mm/約2.2kg
バッテリー駆動時間約2.5時間約3.7時間約2.9時間(Core i5、Celeron選択時j)/約3時間(Core i3選択時)
OfficeOffice Home and Business 2013なし/Office Personal 2013/Office Home and Business 2013Office Home and Business 2013なし/Office Personal 2013/Office Home and Business 2013
OSWindows 8.1 Update(64bit)

店頭モデルと直販モデルでメモリーとストレージが異なる

 富士通のA4スタンダードノート「LIFEBOOK AH」シリーズは、高いスペックと上質な使い勝手を追求した「ハイスペックモデル」と、コストパフォーマンスに優れた「ベーシックモデル」の2種類に分類される。今回紹介する「LIFEBOOK AH77/R」と「LIFEBOOK WA2/R」は、どちらもハイスペックモデルにカテゴライズされるモデル。「LIFEBOOK AH77/R」は店頭販売向けにスペックを固定した「カタログモデル」で、「LIFEBOOK WA2/R」はパーツ構成をカスタマイズできる「カスタムメイドモデル」だ。

店頭販売向けのカタログモデル「LIFEBOOK AH77/R」直販向けのカスタムメイドモデル「LIFEBOOK WA2/R」

 CPUは両モデルともに、クアッドコアのCore i7-4712HQを採用している。動作周波数は2.30GHzで、ターボ・ブースト利用時の最大動作周波数は3.3GHzだ。インテル独自の仮想化技術やセキュリティー技術にも対応しているので、会社の社内ネットワークで利用するのにも適している。

タスクマネージャーの「パフォーマンス」によるCPUの稼働状況。4コア8スレッドで動作していることがわかる「CPU-Z」によるCore i7-4712HQの詳細情報「GPU-Z」によるインテル HD グラフィックス 4600の詳細情報

 グラフィックスはCPU内蔵のインテル HD グラフィックス 4600を利用。どちらも性能的には同じだ。外付けGPUと比べると3D描画性能は劣るものの、中規模クラスの3Dゲームなら問題なくプレーできるパワーを持っている。

 メモリー容量については店頭モデルの「LIFEBOOK AH77/R」は8GBだが、直販モデルの「LIFEBOOK WA2/R」では8GBか16GBのどちらかを選択できる。複数のソフトを同時に扱ったり、写真の加工や動画編集など重めのソフトを扱うなら、メモリー容量は多いほうがいい。

 ストレージについては、「LIFEBOOK AH77/R」が1TB HDDを採用しているのに対し、「LIFEBOOK WA2/R」では500GB/1TB HDD/1TB ハイブリッドHDDのなかからいずれかを選べる。一般的にはフラッシュメモリーをキャッシュに使うハイブリッドHDDのほうが標準的なHDDよりも高速だ。

「LIFEBOOK AH77/R」ではウェスタンデジタル社製の「WDC WD10JPVX-16JC3T3」が使われていた「LIFEBOOK WA2/R」に搭載されていたストレージはシーゲート社製の1TBハイブリッドHDD「ST1000LM014-1EJ164」パーティション構成はどちらも同じくCドライブとDドライブにそれぞれ454.57GB割り当てられている

 ディスプレーはどちらも15.6型の1920×1080ドットで、タッチ機能に対応している。光学ドライブがBDXL対応Blu-rayディスクドライブである点も同じ。パーツ構成的には、メモリー容量とストレージの種類の違いが「LIFEBOOK AH77/R」と「LIFEBOOK WA2/R」の差だ。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART


(次ページ、「基本性能はほぼ変わらず。ゲームのプレーは直販モデルが有利」に続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通