このページの本文へ

グーグル、O2Oにも使える集客支援サービスを無料提供

2014年06月12日 17時05分更新

文● 加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは12日、オンライン上で集客や顧客との交流につなげられる無料サービス「Googleマイビジネス」を開始すると発表した。新規での利用はもちろん、すでにビジネスオーナー向けGoogleプレイスやGoogle+ダッシュボードを利用している場合、自動的にGoogleマイビジネスにアップグレードして利用できる。

Google+や検索、マップなどGoogleのさまざまなサービスを集客に駆使できるイメージ
Google+や検索、マップなどGoogleのさまざまなサービスを集客に駆使できるイメージ

 Googleマイビジネスにより、店舗や企業の情報を無料でGoogleのさまざまなサービスに掲載可能。たとえば、Googleマップには店までのルート、Google検索には営業時間、携帯電話にはタップして通話できる電話番号を表示するなど、サービスやデバイスを問わず、最適な方法でユーザーに情報を提供し、ビジネスに結びつけられるツールとなる。

 ビジネス向けのおもな機能として、Google検索、マップ、Google+に表示されるビジネスの情報を一元管理し、更新もすべて1カ所で行うことが可能。顧客が店の雰囲気を体感できるように写真や店内のバーチャルの掲載に対応する。

 Google+ページから最新のニュースやイベント情報を共有し、顧客と直接つながり持つことができるほか、オンライン上のクチコミのチェックや、Googleユーザーからのクチコミへの返信も可能だ。

スマホで店情報を一元管理できるイメージ
スマホで店情報を一元管理できるイメージ

 店のサイトの統計情報やAdWords Expressが統合されるため、顧客が店をどうやって見つけたか、どう反応したかといったルート検索やクリック回数などが把握できる。また、GoogleマイビジネスのAndroidアプリやiOSアプリ(近日公開)で、いつでも気軽に店情報を管理することも可能となる。

 オンラインからリアルへと顧客を導こうという「O2O(オンライン・ツー・オフライン)」にも活用できることから、ビジネスオーナーにとっては使い勝手の高いGoogleマイビジネス。グーグルからは、この無料サービスで新規のビジネスオーナーを獲得し、AdWords(アドワーズ)をはじめとした有料サービスの利用に広げていこうという狙いもうかがえる。

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画