このページの本文へ

NTT東日本/西日本、“電話回線の線路情報”を提供

2002年03月14日 19時23分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東日本電信電話(株)と西日本電信電話(株)は14日、電話回線の線路情報を提供すると発表した。15日にホームページで提供を開始する。提供するのは、ユーザー宅からNTT収容ビルまでの電話回線路の長さ“線路距離長(m)”(机上計算値)と、DSL信号の劣化度合いを示す値“伝送損失値(dB)” の2項目。利用料金は無料。情報の提供時間は、月曜日~土曜日(年末年始祝祭日を除く)の8:00~24:00。なお、東海エリアでは18日に、中国/九州エリアでは25日に提供を開始するとしている。

また、線路情報の提供にかかわる費用は、NTT東日本/西日本と相互接続協定を締結しているDSL事業者が負担するとしており、同日付けで接続料金を設定し、総務大臣に接続約款変更の認可申請を行なったという。接続料金案は月額1119万5000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン