このページの本文へ

ハーマンインターナショナル、iPod専用スピーカー「JBL on time 200iD」を発表

じっくりとiPodの音楽を楽しめる

2008年06月04日 19時48分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハーマンインターナショナル(株)は2日、iPod専用スピーカーシステム「JBL on time 200iD」を6月中旬に発売と発表した。価格はオープンプライスで、実売価格が2万7000円前後。

JBL on time 200iD」は同社の「JBL on time」の後継機種。スピーカーユニットを底面に配置したオーソドックスなデザインが特徴だ。サウンド入力にはステレオミニジャック/Dockコネクター(Dock接続は第4世代以降のDockコネクターを備えたiPodに対応)の2系統を用意。USBケーブルでMacと接続すれば、iTunesとの同期もできる。ただし、iPod touchはiTunesとの同期に非対応で、リモコンでの操作も制限される。

カラーバリエーションはアルミ/ブラックの2種類を用意。省スペース性と音質の向上が図られた

このほか、FM/AMラジオのチューナー機能も備えているほか、通常のアラーム音だけでなく、iPodやラジオもアラームとして再生できる。

ドライバーユニットには45mm径の「JBL Phoenix SEトランスデューサー」を2基採用し、最大出力は6W×2を実現。本体サイズは幅284×奥行き70×高さ146mm、重さ680g(ACアダプター/リモコンを除く)。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中