このページの本文へ

マイクプリアンプ12基と30入力/34出力を搭載!

ラウドテクノロジーズ、FireWireオーディオインターフェース「Onyx 1200F」を発表

2008年02月13日 18時12分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラウドテクノロジーズ日本支社は13日、FireWireオーディオインターフェース「 Onyx 1200F」を2月20日に発売すると発表した。価格は25万2000円で、実売価格は18万9000円の見込み。

「MACKIE」ブランドの「 Onyx 1200F」は、プロのミュージシャンやレコーディングエンジニアから高い評価を得ている同社のOnyxマイクプリアンプ12基を備え、ライン入出力やA-DAT、AES、MIDI、FireWireなど合計30入力/34出力を搭載。192kHzに対応したスタジオレコーディングプリアンプとしても使用可能だ。また、同社の音楽作成ソフト「Tracktion 3」とレコーディングマスタリングソフトである「Onyx 1200F マトリックミキサー」が付属する。

ONYX 1200F Front
フロントパネルには、4系統の独立したステレオ信号を供給する、ボリュームコントロールを装備した4ヘッドフォン出力がある
ONYX 1200F Rear
リアパネルのインプット1と2には、バランスTRSセンド/リターン・インサート端子を装備

対応システムはMac OS X 10.3.9以上(Leopard未対応)またはWindows XP SP2/Vista。対応マシンは、PowerPC G4以上/インテルCPUを搭載したMac、またはインテルPentium IV/同Celeron/Athlon XPを搭載したPC。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中