このページの本文へ

グラフを使った資料がすぐに作れる

フォーサイト、FileMaker用グラフ作成プラグイン「Plug-In xmCHART 3.2J」を発売

2007年11月20日 17時34分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フォーサイトは19日、「FileMaker Pro」「同Advanced」シリーズで多彩なグラフを表示するプラグインの最新版「Plug-In xmCHART 3.2J」を発売した。ライセンスの価格は、3万2800円(1ユーザー)、12万9800円(5ユーザー)、23万2200円(10ユーザー)。

Plug-In xmCHART 3.2J」は、スクリプトと連動して簡単にグラフを作成できるFileMaker Pro/Advanced用のプラグインだ。グラフ形式は円/棒/折れ線など一般的なタイプがほぼ揃っている。さらに、スケールや軸、グリッドのようなグラフの部品も自由に設定可能だ。

sample
「FileMaker Pro」で作成したグラフは、ウェブコンパニオンを利用すれば簡単にウェブに公開できる。ウェブ共有された FileMaker Proデータベースでもグラフの表示が可能だ

グラフの設定や作成はFileMaker Proのスクリプトにより行われ、指定した画像フィールに表示される。作成したグラフは、ほかのファイルへコピー&ペーストでき、ウェブで共有されているFileMaker Proデータベースでもグラフを表示できる。

FileMaker Pro、同Advancedシリーズのバージョン8.0/8.5/9.0にて利用可能。対応システムは、Mac OS X 10.3.9(Leopard対応)、またはWindows XP/Vista。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中