このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

これ1台でなんでもこなせるモバイルノート

パナソニック「レッツノート」2020夏モデルは6コア12スレッドの第10世代Core搭載で「速さ」が自慢!

2020年06月12日 11時00分更新

文● 宮里圭介 編集●村野晃一(ASCII)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


インテル® Core™ i7プロセッサー搭載
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを
パナソニックストアでも好評発売中
(jp.store.panasonic.com/pc/)

 

 頑丈モバイルの定番となっている「レッツノート」に、2020夏モデルが登場。14インチの大きな画面でメインPCとして活躍できるLV9シリーズ、12.1インチのモバイルノートなのに光学式ドライブを搭載した希少なSV9シリーズ、そして12インチで1kgを切る軽さが魅力の2in1モデルとなるQV9シリーズ、10.1インチとコンパクト&約750gと超軽量なRZ8シリーズと、用途やシーンに合わせて選べる充実したラインアップが用意されている。

 今回の目玉ともいえるのが、LV、SV、QVで最大6コア12スレッドの第10世代Coreを搭載していること。従来は4コア8スレッドが最高だったが、このCPUの強化により、モバイルノートでもさらに大きな性能アップが期待できるわけだ。

 また、春モデルのSVシリーズで好評だった東京2020オリンピック・パラリンピックロゴマーク入り天板に引き続き、夏モデル向けの新たなデザインを追加。しかも今回はパナソニックストアのみではなく、店頭販売モデルにも東京2020ロゴマーク入り天板モデルが用意されているというのもうれしいポイントだ。

 この注目の夏モデルの中から、メインストリームを担うモバイルノートとなる新型SV9がどういうモデルなのか、実機でチェックしていこう。

 なお、新型SV9のCPUはインテル® Core™ i7-10710U(6コア12スレッド、最大4.7GHz)もしくは、インテル® Core™ i5-10210U(4コア8スレッド、最大4.2GHz)を搭載した店頭販売モデルと、インテル® Core™ i7-10810U vPro(6コア12スレッド、最大4.9GHz)もしくは、インテル® Core™ i5-10310U vPro(4コア8スレッド、最大4.4GHz)を搭載したパナソニックストア直販モデルがラインアップされている。今回は最速となるインテル® Core™ i7-10810U vProを搭載したプレミアムハイエンドモデルのCF-SV9TRWQPで、その実力を検証した。

プレミアムハイエンドモデル「CF-SV9TRWQP」の主なスペック
品番 CF-SV9TRWQP
本体カラー ジェットブラック
OS Windows 10 Pro 64ビット
ディスプレー 12.1型(16:10)WUXGA TFTカラー液晶(1920×1200ドット)
CPU インテル® Core™ i7-10810U vPro™プロセッサー 1.10GHz
(インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0利用時は最大4.90GHz)
メモリー 16GB
ストレージ SSD2TB(PCIe)+SSD1TB(SATA)
光学式ドライブ 非搭載
ワイヤレスWAN LTE(4G)あり / なしを
購入時に選択可(nano SIM)
無線LAN インテル® Wi-Fi 6 AX201、 IEEE802.11a(W52/W53/W56)/b/g/n/ac/ax準拠
WPA3、WPA2-AES/TKIP対応、Wi-Fi準拠
Bluetooth Bluetooth v5.0
セキュリティ
(Windows Hello対応)
顔認証対応カメラ / 指紋センサー(タッチ式)
サービス バッテリーライフサイクルNAVI選択可能
保証 4年特別保証プレミアムを商品付帯

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Core、Core Inside、Thunderbolt、Thunderbolt ロゴは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ