このページの本文へ

AMD Ryzen 5 3500U搭載によりグラフィックス性能も期待できる

大容量バッテリー搭載で15.4時間動作も可能な15.6型ノートパソコン「mouse X5」

2019年12月17日 14時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは12月17日、15.6型ノートパソコン「mouse X5」を発売した。

 同社のノートパソコン「X400」シリーズと同様にマグネシウム合金素材を採用することで、重量およそ1.40kg、厚みおよそ17.9mmのスリムに収まっている。同社の従来型スリムノートパソコンシリーズと比べて容量およそ2.5倍のバッテリーを搭載することで、およそ15.4時間の長時間駆動が可能。

本体はブラックを基調として天面とヒンジカバーをアクセントのレッドで仕上げている

 CPUにはAMD Ryzen 5 3500Uプロセッサーを採用、最大1Gbpsに対応する有線LAN、最大1.73Gbpsに対応する無線LANも備える。microSDメモリーカードリーダーやウェブカメラ、HDMI映像出力端子、ホワイトLED内蔵キーボードも装備。液晶解像度は1920×1080ドット。8GBメモリーと256GB SSDを搭載するモデルで、価格は9万8780円(BTOによりカスタマイズ可能)。

カテゴリートップへ

マウスコンピューター