このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

見る場所に合わせて視聴スタイルを変えられるのがポイント

モダンPCはエンタメにも最適! 本体サイズ以上の映像とサウンドを満喫しよう

2019年11月27日 11時00分更新

文● 戸田 覚 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モダンPCはエンタメにも最適! サイズ以上の映像とサウンドを満喫

 モダンPCの画面サイズは11〜15インチほど。持ち歩きしやすい薄型軽量もモデルが多い。仕事に使いやすいと思われがちなパソコンだが、モダンPCはエンタメにも最適だ。映画やドラマを楽しんだり、音楽もパソコンで聴いてみてはいかがだろう。

 映像や音響に関しては、各社から特徴あるモデルが販売されている。例えばDELLには「DELL CINEMA」という、映像表現を際立たせたり、ストリーミングで読み込み停止しないようにしたり、音量調整によってくっきり聞こえる機能を搭載している。dynabookではIGZO液晶による色の再現性で映像が見やすい上に、映画館でも使われている「DTS」の音響技術を採用。同じ映画館の音響では、レノボからは「Dolby Atmos」対応スピーカーによって、臨場感ある音を再現できるモデルもある。室内灯の映り込みを減らした画面であったり、視野角度を広げて視聴位置に余裕を持たせるなど、各モデルとも映像面に関して力を入れている。

 音にこだわる人には、harman/kardonやBang&Olufsenといった名門オーディオブランドのスピーカーを搭載したモデルもおすすめだ。従来のノートパソコンとは一段違ったクォリティの音楽を本体だけで聞くことができる。人の声を聞きやすくする音響調整をもつモデルは、映画のセリフ以外にもSkypeといった音声通話で役立つこともあり、こういったエンタメ向きの機能でモダンPCを選ぶのもおもしろい。

 外出先で楽しめるのはもちろん、自室で自分専用のAV端末として活用するのもおすすめ。スマホやタブレットとは比べものにならない迫力で、さまざまなエンタメコンテンツを楽しもう!

前へ 1 2 3 次へ