このページの本文へ

各所にこだわりが詰まった「LIFEBOOK WA-X/D3」の外観をチェック

4K有機ELでハイグレードな映像体験、家に1台ほしい15.6型ホームノートPC

2019年11月09日 10時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LIFEBOOK WA-X/D3」

 富士通クライアントコンピューティングから、2019年冬モデルのフラッグシップとして4K有機ELディスプレーを搭載する15.6型ノートパソコン「LIFEBOOK WA-X/D3」が登場した。DisplayHDR 500 True Black認証を取得しており、締まった黒で写真・映像が楽しめるのが大きな特徴となっている。今回は、LIFEBOOK WA-X/D3の外観について紹介する。

DisplayHDR 500 True Black認証を取得しており、黒が引き締まってみえる

各所にちらばるこだわりが、高級感につながっている筐体デザイン

とてもシンプルな筐体

 LIFEBOOK WA-X/D3は、サイズがおよそ幅361×奥行244×高さ27mmで、重さは約2.1kg。どちらかというと自宅で据え置いて使うサイズ感だが、屋内でも持ち運びはまったく問題ない。リビングに家族が集まって旅行先などで撮影した写真を観たり、寝室で動画配信サービスの4KHDRに対応した作品を楽しんだりもできる。また、屋内での使用が主ではあるものの、カバンに入れて持ち運べなくはないので、帰省などのときに持って帰って両親に孫の写真や動画を見せるといった用途にも利用できる。

 本体カラーはブライトブラックで統一されており、天板も中心にロゴがあるのみととてもシンプルな印象。また、パームレスト部分にはヘアラインが施されており、傷がつきにくく指紋も目立ちにくい。さらにキーボードのキートップは、本体と同色で側面に透明なプリズムクリアキーを採用するほか、スピーカー周りはダイヤモンドカット仕上げになっている。シンプルながら様々な箇所にみられるこだわりによって、高級感のあるボディーに仕上がっている。

スピーカー周りはダイアモンドカットが施してある

狭額ベゼルの4K有機ELに臨場感あるスピーカーでコンテンツを堪能

美しい4K有機ELディスプレー

 LIFEBOOK WA-X/D3の最大の特徴が、前述の4K有機ELディスプレーだ。コントラスト比は100000:1、応答速度1ms、デジタルシネマ規格「DCI-P3」色域カバー率100%を実現している。映画や海外ドラマを動画配信サイトで楽しむのが普通になってきた今、NetflixやAmzon Prime Videoなどの4K HDR対応するコンテンツをノートパソコンで高クオリティーのまま観れるというのは、うれしいポイントだ。

 また、標準ではDVDスーパーマルチドライブだが、BDXL対応のBlu-ray Discドライブも選択可能。Ultra HD Blu-rayの映画作品を用意すれば、家のどこでも高い映像クオリティーで映画が堪能できる。

 さらに、オンキヨーと共同開発したスピーカーを採用するほか、Diracが提供する音響補正技術により臨場感のある音も実現。ノートパソコンながらしっかり広がる音で映像を楽しめるのもいい。リビングのテレビが利用できないときでも、映画など映像コンテンツを存分に楽しみたいという人には、かなりオススメできる。

左右だけでなく上下も狭額なベゼル

 そのほか、ディスプレーの周りのベゼルは左右が約7.8mmと狭いのも特徴。加えて、最近のトレンドとして左右のベゼルは狭くても上下が太いマシンも少なくないなか、LIFEBOOK WA-X/D3はしっかりと上下も狭額。とくに上部のベゼルは搭載するすべてのセンサーを小型化したことによって実現している。こういった細かい企業努力により、4K有機ELでの映像をより高い臨場感で楽しめるのだ。

フルサイズキーボードを搭載し、キーピッチは約18.4mmと広くタイピングが快適

 LIFEBOOK WA-X/D3のキーボードは、筐体端まで使用したフルサイズキーボード。同社のノートパソコンではおなじみの、カーソルキーを少し下に配置するための「Fライン」を採用している。これにより、カーソルキーの上にあるエンターキーのサイズをしっかり確保でいているのは、個人的にはかなり好印象だ。

LEDバックライトも搭載

 キーストロークは2.5mmと深めで、しっかりと押下感があるものの、タイプ音もうるさくない。LEDバックライトを内蔵しているので、暗い場所でも快適にタイピングできるのもありがたい。

 LIFEBOOK WA-X/D3のインターフェースは、筐体右側にマイク・ラインイン・ヘッドフォン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子、SDカードスロット、USB 2.0端子、光学式ドライブを、左側にUSB 3.1(Gen2、Type-C)端子、USB 3.0端子×2、HDMI端子、有線LAN端子を配置している。インターフェースはとても豊富で、様々な周辺機器を同時に接続できる。

右側にマイク・ラインイン・ヘッドフォン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子、SDカードスロット、USB 2.0端子、光学式ドライブを配置
左側にUSB 3.1(Gen2、Type-C)端子、USB 3.0端子×2、HDMI端子、有線LAN端子を備える

1人で、家族で写真や映像を楽しめる1台

 LIFEBOOK WA-X/D3は、自分の部屋や寝室では1人で、リビングでは家族みんなで写真や映像が楽しめるエンターテイメント性の高い15.6型ノートパソコンだ。有機ELパネルを採用しているので、より美しくコンテンツを堪能できるので、自宅で使うホームノートのディスプレーはこだわりたいという人は、LIFEBOOK WA-X/D3を検討してみてはいかがだろうか。

試用機の主なスペック
CPU Core i7-9750H(2.6GHz、6コア/12スレッド)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 630
メモリー 8GB/16GB/32GB
ストレージ 約500GB HDD/約1TB HDD/約256GB SSD(PCIe)+約1TB HDD/約512GB SSD(PCIe)+約1TB HDD/約1TB SSD(PCIe)
ディスプレー 15.6型(3840×2160ドット)、有機ELディスプレー
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ/Ultra HD Blu-ray&BDXL対応Blu-ray Discドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1(Gen2、Type-C)端子、USB 3.0端子×2、USB 2.0端子、HDMI端子、マイク・ラインイン・ヘッドフォン・ラインアウト・ヘッドセット兼用端子、有線LAN端子、SDカードスロット
サイズ/重量 およそ幅361×奥行244×高さ27mm/約2.1kg
OS Windows 10 Home(64bit)
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通 FMV LIFEBOOK NH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK MH
  • 富士通 FMV LIFEBOOK LH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通