このページの本文へ

インテルCore Xシリーズや第3世代AMD Ryzenプロセッサー搭載モデルも用意

TSUKUMO、BTOパソコンにNVIDIA Quadro搭載モデルを追加

2019年08月30日 10時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Quadro搭載モデルは、前面/背面れぞれ140mm静音ファンを標準搭載、さらに3つのファンを追加できる高排熱設計ケースを採用する

 Project Whiteは8月30日、TSUKUMOブランドのBTOパソコン「eX.computer」より、NVIDIA Quadro搭載デスクトップパソコンの新モデル「eX.computer Quadro搭載モデル」を発売した。

 CPUとしてはインテルCore Xシリーズ搭載モデルのほか第3世代AMD Ryzenプロセッサーシリーズ搭載モデルも用意。構成例としては「eX.computer Quadro搭載モデル QA7A-D193/XT」はAMD Ryzen 7 3700XとNVIDIA Quadro P2200を搭載、16GBメモリー、240GB SSD+1TB HDDを装備し、価格は19万4184円。

 「eX.computer Quadro搭載モデル QA7J-G190/XT2」はインテルCore i7-9800XとNVIDIA Quadro P2200を搭載、32GBメモリー、240GB SSD+1TB HDDを装備し、価格は25万8984円。

 「eX.computer Quadro搭載モデル QA7A-E193/XT」はAMD Ryzen 7 3800XとNVIDIA Quadro RTX 4000を搭載、16GBメモリー、500GB SSD+2TB HDDを装備し、価格は32万3784円(いずれもBTOによりカスタマイズ可能)。

■関連サイト

カテゴリートップへ